Entries

薬屋のひとりごと 第3巻感想


 小説家になろうで掲載された作品です。

 東洋をイメージした世界で後宮で働く少女猫猫『まおまお』。彼女は常人と違い薬の知識が豊富であった。
 彼女は基本的に面倒事を嫌うが、宦官の壬氏に目を付けられ、やんごとなき人々と繋がりを持つ羽目になる。
 以前関わった梨花妃や皇太后など殿上人の相談を解決するも猫猫は面倒なのだ。
 そして壬氏が狩りに赴き事件に巻き込まれる。そこで猫猫は……。

 現在は6巻まで出てますが、一巻ずつしか購入してません。面白いので一気に読むのがもったいないからです。
 はっきり言えば謎解きは突飛なものではなく、読めばああなるほどと思うほど呆気ない。
 それは科学の話でファンタジー要素は皆無です。
 猫猫がなぜ知っているのかというと好奇心旺盛でいろいろ自身で実験していたからです。

 基本的にオムニバス方式ですが書籍版だと一貫した造りになっていますね。
 第10話のみたび、水晶宮ではとある女性が悪事を企みます。それは毒ではないけれどある効果を発揮するのです。
 問題はそれをなぜその人が知っているかが問題なのですね。
 書籍版ではその事に突っ込んだ内容になってます。

 なんというか猫猫は父親によく似ています。父親は羅漢という軍師ですが猫猫は彼を嫌っているのです。
 羅漢は人の顔が覚えられない性質で叔父の羅門と娘の猫猫しか判別できません。
 ちなみに羅門も人の顔には見えないが将棋で言う竜王駒に見えるので区別がつきます。

 猫猫も羅漢ほどではないですが人の顔は覚えません。面倒なので覚えないだけなのです。
 さらに興味のあることしか勉強しないため、簡単な試験にも落ちてしまいました。
 羅漢も同じで碁や将棋は強いです。さらに人員の配置もうまく、その人にふさわしい部署へ送るとめきめき頭角を現します。

 さて書籍版では皇太后の相談事や、猫猫の保護者であるやり手婆の過去などが明かされました。
 さらに玉葉妃の娘である鈴麗公主と子猫の毛毛の出会いもありましたね。
 WEB版にはありませんでした。書籍版はすでにWEB版が半分になっております。

 なろうでこの作品を読んだ人は買うことをお勧めします。

PSVITA GUILTY GEAR XX Λ CORE PLUS R


2013年にダウンロード用に配信されました。開発はアークシステムワークスです。
 GGXX自体は2002年にアーケードで出ております。

 偶然見かけたのでひさしぶりにギルティギアをプレイしたくなったので、ダウンロードした。

 このゲームはキャラが多いが、各人の持つ必殺技の数も多いですね。
 どれも単純なコマンドですが、使いこなすのが難しいです。
 もちろん思うように出せれば爽快感が増します。

 アーケードモードは9人ほどだったか、勝ち抜けばクリアです。
 しかしラスボスのイノが理不尽に強すぎる。特にメガロマニアというインチキ臭い技であっという間に倒されますね。
 勝利数を一にしないと一本取ってもすぐさくさくっとやられてしまうのですよ。
 トレーニングモードで一撃必殺技を練習しておけば、簡単に進めます。
 ただしラスボスだけは使えないんですよね。これがつらい。難易度が一番低くてもあっさりやられるんです。

 ストーリーモードはフルボイスで進みます。途中で選択肢が出てきますが、勝利条件でエンディングが分かれるそうです。
 大抵一撃必殺技で勝負がつきますね。ただキャラによっては近くによらないと不発に終わるのがいます。
 キャラによっては死ぬエンディングがありますね。攻略サイトを見て別のエンディングを見たいですな。

 で女性キャラを語りたいと思う。

 メイ:錨を武器とするマッスルガール。くじらやイルカを召喚して戦います。
 ボスのジョニーが大好き。全身タイツがセクシー。
 一撃必殺技は間合いがシビアで使いずらいです。

 ミリア=レイジ:髪の毛を操るロシア系美女。丈がやたらと短い服を着ている。
 クールな性格であまり動じないタイプだ。
 
 バイケン:粗暴な侍崩れ。暗器を多用して戦います。
 男言葉を使う狼のような女性。キャライラストの尻がえろい。

 蔵土縁 紗夢:中華娘。武器を使わず素手で戦います。
 パンツがやたらと見えるのでありがたみが薄い。

 ディズィ―:前作のラスボス。ボンテージ風の衣装がエロいが、本人はまじめな性格をしている。
 ネクロとウンディーネが暴走して敵と戦ってくれます。
 彼女の一撃必殺技のコマンドはかなり複雑で使いずらいが、必殺技自体が強いのだ。

 イノ:ギターを持った妖艶な女性です。普段はセクシーだが、口調が荒くなる。
 エロスというより恐怖を感じるタイプだ。
 中の人は井上喜久子さんだから、イノというわけではいそうな。

 アバ:暗い女。でかい鍵を背負って戦う。色気がない。
 一撃必殺の間合いが狭すぎて使いずらい。

 ジャスティス:外見はロボだが、中身は女性だ。
 理不尽な強さは鳴りを潜めている。

 勝つだけなら結構簡単なのですが、必殺技を使いこなせれば快感ですよ。

セントールの悩み 第15巻感想

 
 コミックリュウ連載、セントールの悩みの感想です。

 六本足が進化した世界には人馬の女子高生君原姫乃は同級生たちと一緒に平凡な日常を過ごしていた。

 しかし南米の両棲類人たちの戦争により世界は混乱を極めていた。
 その影響なのか姫乃の学校では過激派が占領する事件が勃発する。
 姫乃たちの機転のおかげで事なきを得ることができた。
 だが裏側では南極人たちが暗躍しているのであった……。

 今までは対岸の火事と思っていたことが、日常に飛び火した感じですね。
 なんというかお祭り騒ぎに乗じている気がします。自分たちには関係ない話なのに勝手に絡めている。
 合法的に暴力を振るいたいから理屈をつけるのはどの世界でも変わらないですね。

 ちなみに姫乃は過激派に殺されかけたけど、委員長の御魂《みたま》や希といったクラスメイトのおかげで撃退できました。
 さらに姫乃が後ろ足で蹴り飛ばしたので相手は重症です。
 中学時代姫乃は痴漢に遭いました。しかし相手が姫乃に対し携帯差別発言をしたため逮捕されました。
 相手の頭部を思いっきり殴り、血が流れてましたね。形態差別に対しては相手の人権は無視されるのが怖いです。

 御魂の三つ子の妹たちも大活躍です。こちらは宇宙キノコに寄生されてましたが。
 三つ子たちの連携がすごかったですね。犠牲者が出なかったです。
 担任教師が負傷しましたが、本人はいざとなれば身を挺して守れる人間だと納得していました。

 ただテレビは好き勝手なことを語るのは現実でも同じですね。
 自分の知らないものが犯罪の元凶と決めつけるのはどこにでもいる。
 しかもそれを突っ込むのが自称オバカタレントなのが皮肉だ。割と本質を突いてたから。

 そんな中で一年生の鴉羽や綾香のエピソードは微笑ましくありましたね。
 姫乃の従妹である柴乃の話もよかったです。
 
 両生類人との戦いは、相手国が停戦という形で落としたようです。
 巨大怪獣は脅威ですが哺乳類人と対話し、映画出演で食費を稼いだりしています。
 現実でも他国はテロ活動の恐怖に震えています。
 日本もその牙が向かないとも限らないのです。アメリカ同時多発テロのように。

 姫乃たちは平均的な女子高生でも身体能力と度胸は高い。
 でも現実ではそうはいかない。果たして姫乃たちのように臨機応変に対応できるか。
 日本の教育は犯罪やテロから身を護るすべを教えるべきだと思うな。
 そして少年でも死刑になることを教えるべきである。
 ちなみに日本では18歳未満は死刑にできないが、これは国際法で決められているのです。
 なので日本の少年法が悪いわけではないので注意が必要ですね。

卍 感想

 
 谷崎潤一郎氏が1928年に改造で連載した作品です。

 園子という関西に住む女性が手紙を書く方式で物語は始まる。
 美術学校で園子は光子という女性と仲良しになった。だがあまりに親しくし過ぎるので同性愛者ではないかと疑われている。
 光子には宗次郎という婚約者がおり、園子は巻き込まれるのであった。

 全編園子という女性の関西弁で書く手紙のため、非常に読みずらいです。
 正直読み切るのがすごく難しかったですね。
 あと卍という題名なのでSM小説家と思いました。
 団鬼六先生を連想したからです。なんとなく卍が縄を縛る感じがしましたので。

 この作品はそれほどエロいわけではないです。園子と光子の戯れは仲のよい子供のようなものを連想しました。
 世の中は邪推するものが多く、世間の目が厳しくなっているようです。
 園子はそのために夫と別れる羽目になったのですから。

 谷崎氏は読者に対して読みやすさを考えていないと思う。
 方言がさっぱりわからないので、今の若い人には理解できないでしょう。
 逆に素人の女性が書く、淡々とした内容なのである。
 なんとなく不気味なものを感じました。素人ならではの感性で描かれていますね。

 私なら同性よりも異性が好きだな。あまり親しくはなりたくないかな。
 そもそも園子は夫に不満を抱いていたのだ。その反発で同性と仲良くなったのは必然といえる。
 光子にとって遊びかもしれないが、園子はわりと真剣だったのだ。
 そのために最後の破局は当然だったかもしれない。

ネギまの登場人物 出席番号17番椎名桜子

 
 椎名桜子はまほらチアリーディングの三人組の一人だ。別にリーダーではないが、トップでいることが多い。

 クラスで騒いで盛り上げる役割があるが、魔法関係だと蚊帳の外だ。
魔法を知ってもあんまり認識してなかった。ネギのことは子供だから大騒ぎしても注意されないと思っていそうだ。
 魔法世界編が終わり、フェイトが担任になるとぐったりしていた。

 あまりかかわっていないが、小学生のころ、明日菜が転校していた時からの付き合いだ。
 もっとも明日菜は桜子より柿崎と関わっているが。
そもそも彼女が明日菜たちと関わることは少ないのである。

 運がよく、賭け事が強い。最終回でフェイトすら驚愕するほどの幸運だという。
 彼女はよく笑う。どんな状況でも笑顔をかかさない。
 曇った表情はフェイトが担任になったときくらいだった。

 仮契約の過程は描かれていないが、声のクラスメイトのおまけではパクティオーカードが出た。どんな効力があるかは不明。

 俳優は大前茜さんだったが、引退した。映画版は小見川千明さんになった。正直大前さん=桜子だったので残念だった。
 ちなみに小見川さんはけものフレンズでパンサーカメレオンを演じていた。
 あとはレコラヴで五十鈴心美もあります。

 UQホルダーでは回想シーンくらいしか出てませんね。

UQホルダー 第138話 あーん、ネギが千雨にフラれたァ……


 今月号は刀太たちの出番は全くなしだ。ネギまの続編とはいえなんだか寂しい。
 どうせならネギま本編でやればいいのにね。
 UQホルダーは新規には敷居が高い作品だと思った。

 さてネギは千雨に告白しましたがフラれました。
 なんというか誰も決めずにだらだらすると思っていたので意外だったな。
 ただきちんと明確に選んだのは評価に値します。

 でも千雨がフッタのは妥当だと思いました。
 ネギは11だし、千雨は15才だったっけ? ネギは天才かもしれないが経験がまったくないのです。
 告白という行為がどういうものか理解してない気がする。
 千雨は魔法世界編に入ってからの保護者だと思っています。なのでネギの告白は受け入れないでしょう。
 そもそも千雨はネトゲ廃人になるのでネギとは釣り合わない気もしますが。

 まあいいんちょは千雨がフッタことに怒り狂ってましたが。
 そしてクラスメイトで大騒ぎです。UQでもネギまの空気が楽しめるのはいいですね。
 なんだかんだいってもネギまとUQは大好きなので。

 もう一人の保護者である明日菜がネギを連れ去り、落ち着かせることになった。
 なんというかネギを本心で心配しているのは明日菜と千雨だな。委員長は暴走しやすいのが玉に瑕なので。
 ネギが一生独身でいますと言ってるけど、闇の魔法の影響で子供は作れるのだろうか?
 時間軸は別だけど刀太はネギと明日菜のクローンになるけどね。

 さて5年後、火星ー木星間…小惑星帯(アステロイドベルト)その異界にヘラス帝国…メガロメセンブリア合同魔法世界(ムンドゥスマギクス)第1急造宇宙艦隊が着てました。
 ネギとフェイト、小太郎が小惑星アガルタを包囲していたのです。
 ちなみに小太郎は16歳でフェイトは18歳だそうな。フェイトは造られてからの年数だろうな。

 ついにナギ=ヨルダを追い詰めたネギたち。しかし急に覚醒してしまい作戦変更となる。
 実は夏美も来ていました。彼女は小太郎のパートナーであり、アーティファクトを使って行動するつもりだったのでしょう。
 夏美は魔法世界でも地味ながらも活躍してましたからね。五年も経てば胆力もつくさ。

 ネギまでは俺たちの戦いはすでに終わっていた状態だったのでこれは嬉しいですね。
 でもUQホルダーなのに、本作の人物が出ないのはちょっと不満かも。
 だがファンとしては空白を埋めてくれるのは嬉しいが、UQでなくてもよいのではと思う。
 
 結論から言えばネギまファンとしての嬉しさとUQキャラ不在の不満で、プラスマイナスゼロ状態なんだけどね。

ドリームキャスト ギルティギアゼクス


 2000年にサミーから発売されました。開発はアークシステムワークスです。
 元は同年に出たアーケードの移植です。

 PSから生まれた作品で、続編がアーケードから出た異色作です。

 私はドリームキャストの雑誌を読んで知りました。
 弟がドリキャスを持っていたので購入しましたね。
 もっとも弟は本体を売ってしまったので、ソフトを手放しましたが。

 すごく難しいです。難易度設定ができないため、クリアするのがすごく大変でした。
 この作品はキャラが個性的です。まあそうでないと人の記憶に残らない物です。
 いわゆる対戦格闘アクションはカプコンかSNKが独占していた時期でした。

 それなのに二社に負けずに人気の高いのは意外でしたね。
 なんとなくこのゲームは手作り感がありました。私がそう感じたのは理由があります。
 それは石渡大輔氏がキャラデザ、音楽、声優を務めているからです。
 なんだか一人だけ目立って総すかんされそうな感じですが、いまだにシリーズは続いてますね。
 
 ボスキャラも珍しいです。ラスボスはディズィーという少女なのです。
 彼女はギアと人間のハーフで、翼と尻尾が生えています。この翼はネクロとウンディーネが憑依しています。
 敵が来れば彼らが戦いますが、ディズィー本人は争いを嫌っているのです。
 でも異形ゆえに人々から嫌われ、攻撃される可哀想なラスボスです。

 前回中ボスだったテスタメントは彼女を守るために戦います。
 ディズィーはメイが所属する快賊団に引き取られ、平穏を得ることができました。
 完全な悪ではなく、悪扱いされた悲劇のラスボスですね。

 一時期薄い本では人気を博しました。

Appendix

プロフィール

江保場狂壱(こうほば・くるち)

Author:江保場狂壱(こうほば・くるち)
ようこそいらっしゃいました。
江保場狂壱の面白いと感じたものを紹介しています。
映画や漫画、ゲームなどがありますよ。
まあ一貫してないのが難点だけどね。

カウンターショック

皆様のおかげで元気になれます。来てくれてありがとうございます。

買い物

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR