Entries

江戸川乱歩異人館第十巻感想

『グランドジャンプ』連載、江戸川乱歩原作、山口譲司先生作画の漫画です。

 今回は短編物が多かったです。
 防空壕、指輪、畸形の天女、石榴。
 とはいえ、前記の二つしか読んでないので、後記はよくわかりません。
 オチを書くのは問題なので感じたことを書きます。

『防空壕』
 空襲の際ある男が防空壕に逃げ込んだ。そこには美女が……。
 ほぼ原作通りでした。漫画になると余計きついものがありますね。

『指輪』
 ある男二人の会話のみで終わる作品です。
 原作通りだったけど、最後のオチが変更されたのは、よいと思いました。
 まさかこんなマイナーな作品まで漫画にするとは思いもよりませんでしたね。

『畸形の天女』
 原作は未読なので漫画で思ったことを書きます。
 ふみ子が宇宙人に見える。そうグレイみたいな感じでした。
 言っていることもどこかちぐはぐなんですね。日本語は知っているけど、深い意味まで知らないような。
 主人公は会社の社長で、仕事の終わりに与太者に変装して楽しむ趣味がありました。
 そんな彼にとってふみ子は今まで出会ったことのない不思議な魅力を感じたのでしょう。

 あとで調べましたが、これはリレー小説だったそうです。乱歩が最初に書きました。
 いったいどういう結末になったのか気になりますね。
 
『石榴』
 これも原作は読んでないのでわかりません。
 ただ硫酸を飲まされた死体が無気味でした。死体の絵を描く学生は畔柳博という青年です。
 いわゆる顔のない死体を題材にしていますね。いったい被害者は誰なのかと。
 こちらは異人館ではおなじみの江戸川乱歩が関わっております。

 異人館もすでに十巻になりました。江戸川乱歩を題材によくここまで描けたと思います。
 それに今の読者が乱歩をどれくらい知っているか不明ですが、十巻も続いたから需要があるのでしょう。
 あと山口先生の乱歩愛が溢れていますね。原作の改ざんは私にとっては許容できますし。
 ただ色気が強すぎるのが難点かもしれません。乱歩は必ず美女が殺されるわけではないですから。
 
 古典文学と現代の漫画が組み合わさった最高傑作をぜひ二十歳の若者に読んでもらいたいですね。
江戸川乱歩異人館 10 (ヤングジャンプコミックス)江戸川乱歩異人館 10 (ヤングジャンプコミックス)
(2015/02/19)
山口 譲司

商品詳細を見る

ハーレムキャッスル2 巨乳の城が再び出たよ

 正直に書けば続編というよりシスターネタを満載にしてますね。グロリアーナからヒルクルスの話をしたり、新キャラのシャクティは王弟派の人間だけど面識ないから忠誠心なんかまったくない。マガリとの逢瀬では姉のシギンの名前を唐突に出している。シスターを読んでないと理解できない部分が多い。キャッスル1だけ読んでもヒルメデスに息子なんかいたのかと首をかしげるだろう。遠いドモス王国のロレントは別にしても。

 話はキャッスル1から一月経っている。その後宴のときは二ヶ月経っているそうな。 当初は国内の貴族や外国の姫君は政略結婚を目指していた。具体的に西国同盟云々は秋の宴でシャクティが出した案だ。処女を一気にもらってみんな俺の嫁って感じです。

 この作品でペルセポネの関係者であるコーネリアが登場した。最初は懐柔が目的だが、すぐにイシュタールに攻めようとしている。フィリックスがシャクティから授かった策でなんとか血を流さずに済んだ。のちにコーネリアが懐妊すればイシュタールを手に入れられると思っていただろうが、シャドウでは二重王国のシャリエラの策で国はめちゃくちゃになり、イシュタールから養子をもらって収拾させようとしていた。一体ペルセポネは何がしたいのかわからない。

 パターンとしてはフィリックスは王太子になった。顔なじみのマガリとエッチしたら、グロリアーナが嫉妬した。そして二人で仲良く愛し合う。キャッスル1でウルスラとした後、グロリアーナに呼び出されいたずらされたのと同じだ。その後ペルセポネ国境紛争が起きた。そして最後はルイーズを除き、10人の姫君(サーシャとコーネリアを含む)の処女をもらった。キャロルだけおねむでやらなかったけど。

 フィリックスは冒頭ではまだ王太子の自覚がない。ウルスラやルイーズに守られているひ弱な少年だ。従兄のヒルクルスと分かり合いたいと願っているが当の本人はフィリックスを毛嫌いしている。  そんな中フィリックスはシャクティという人材を得るために苦心する。いくら彼女から策をもらっても実行できなければ意味がない。それを実現させ、シャクティに誠意を見せたから彼女は城に上がったのだ。  そして女性に守られていたフィリックスは初めて女性を守ろうと奮起するのである。キャッスル1と比べて随分成長したと思う。

 あと関係ないがシャクティは一応胸のサイズは普通だそうだが、イラストを見ると爆乳にしか見えない。これは絵師のせいですね。
ハーレムキャッスル 2 (二次元ドリーム文庫95)ハーレムキャッスル 2 (二次元ドリーム文庫95)
(2008/06/18)
竹内けん

商品詳細を見る

ドラクエ3にヒロインはいるのだろうか?

 正直に言えば思いつかない。3は様々な職業があり、プレイヤーは自分で選べるようになっている。

 ビキニアーマーの女戦士。全身タイツの女僧侶。胸が大きい女魔法使い。
 ミニスカニーソの女賢女。バニーガールの女遊び人といろいろだ。

 何? 女武道家と女商人が省かれているって? うむ、私は忘れてなどいないぞ。

 NPCなら勇者の母親、ジパングのヒミコ、女海賊などがいるな。
 
 勇者の母親なら、子どもが旅立っている最中に、アリア潘の男たちが詰め寄せる。
 オルテガなんかより、我々の方が強いぞと彼女を責めるのだ。
 王様も混じって、勇者が帰宅する頃には自分が兄になっているとかね。

 リメイク版だと専用グラが与えられているので、さらに燃えやすくなるだろう。
 
 でも同人誌だと大抵は女戦士か、女賢者が多いんだよね。
 シンプルかつ、わかりやすいエロが人気の秘訣だと思うな。
 勇者をリードするか、バラモスの手先に暴行されるかのどちらかだけど。
 もしくはカンダタに戦いを挑み、返り討ちに遭うとか。

 各国にはお姫様とか王妃様はいる。まあ、汎用グラがほとんどだけどな。
 アリアハン、ロマリア、エジンベア、サマンオサ、イシスとかね。
 イシスは女王様で、オリジナルだと汎用グラで、リメイクだと専用になってました。
 でも話を膨らませるのが難しいな。各国の王様が勇者の子種を手に入れるために、姫をけしかけるとかね。

 ロマリアならきんのかんむりを取り戻した際に、王様にされる。
 その際に王妃を寝取ることも可能なわけだ。でもやる気が起きないんだよね。

 女海賊はオリジナルだと踊り子のグラだった。ゲームブック版だと名前がついて、勇者と同じく地下世界へやってきた。
 そこでカンダタと一緒になり、世界が平和になった後、デルコンダルを作るみたいなことを言ってましたね。
 それはそうと、男の子分を全員相手にすることも、ありえるわけですよ。

 そう言った空気はないのに、むりやりエロに結び付ける私は異常者かもしれません。
 しかし想像は誰にも許される権利です。それを実行して他者に迷惑をかけない限りはね。
 このブログを読んで、エロの可能性は無限大だなと、思ってほしいな。

ハーレムシリーズの世界観で

 公式ガイドブックでは、ハーレムシリーズのモデルは戦国時代をイメージしているとあった。
 乱世の世界だが、なんで戦争が始まったのか、さっぱりわからない。

 ロレントがクラナリアを征服しようと動く以前でも、戦争は続いていたそうだ。
 具体的に言えばハーレムテンペスト以降、戦争が止まらない状態になっている気がする。
 年がら年中戦争しているのはラルフィントだと、アヴァンギャルドにもあったからね。

 で、戦争の価値観なのだが、私は戦記物に詳しくないので、さっぱりだ。
 クライシスやレジスタンスのように少数で大群に勝つのが理想なのかと思っていた。
 そこに知人が孫子のように大群で囲んで勝つのもあるとあった。

 戦争に正解はない。状況において戦略は変わっていくのだ。
 ジェネシスではドモスがフレイア王国に対し、物量作戦で滅ぼしている。
 これは孫子でも確実に勝つ戦争が大切だと説いてました。

 ですが物語としては少数で勝つ方がハラハラドキドキして面白いと思います。
 もちろんそんな将軍は庶民に人気があっても、負けたら取り返しがつかないことも理解していますが。
 本当は確実に勝つことが大事なのですが、娯楽がないと面白い戦いじゃないと受けないんですよね。

 弱い者が強い者に打ち勝つのは、確かに胸躍りますけどね。
 ハーレムシリーズはそうではないと思うのです。
 補給を叩くのは基本と明言しておりますし、ある程度のリアリティを追及しているのがわかります。

 はっきり言って規模としてはハーレムクライシスで終わっているのです。
 それ以降は後付け設定ばかりで、大規模の戦闘は行われていません。
 精々過去の話でテンペストやフェイクくらいでしょうか。

 ドモス王国はロレントが主流で、戦争をするのが楽しくてたまらない風潮があります。
 二重王国はそんなドモスを掻きまわし、ちくちく攻めながら、衰退を測っていると思われますね。
 イシュタールを含む、西方諸侯連合は、ドモスや二重王国への備えをしています。
 エトルリアは翡翠海をひとつにまとめ、平和な貿易を目指しているのです。

 そもそも大陸自体、なんで乱世なのか理解していないと思う。
 乱世に参加しないと、時代遅れと思われてしまう。だから戦争を楽しむという感じがした。
 これは私の持論であり、乱暴だとは思うが、それしか思いつかないのだ。

江戸川乱歩異人館第9巻感想

江戸川乱歩異人館 9 (ヤングジャンプコミックス)江戸川乱歩異人館 9 (ヤングジャンプコミックス)
(2014/05/19)
山口 譲司

商品詳細を見る

 江戸川乱歩異人館も第9巻目を迎えた。

 なので今まで書いた感想の目次を作ります。
 第一巻。
 第二巻。
 第三巻。
 第四巻。
 第五巻。
 第六巻。
 第七巻。
 第八巻。

 九巻はまるごと「吸血鬼」です。ここまできっちり描かれたの異人館ぐらいですね。

 原作でも倭文子は恐ろしい目に遭わされます。それが絵になるとやたらと迫力が生まれました。
 倭文子の息子である茂が「母様が殺したの?」と尋ねるシーンや、棺の中でおっぱいを吸うシーンが怖かったです。
 絵になるとさらに無気味さを増しましたね。

 漫画だと文代が色っぽいですね。異人館だとなんとなく女豹を連想しました。
 明智が回人物を追いかけてランチごと爆破した時の、抜け殻のような彼女もまた魅力的です。
 さすがは山口先生です。成年漫画を描き続けたスキルが生されてますね。

 最後は明智小五郎の登場です。犯人の奸智を欺くさまは痛快です。
 犯人が本懐を遂げたと思いきや、実は明智が先回りしていたというオチがつきました。
 明智が悪役に見えますが、明智自身正義の味方というより、一種の異人だから問題はないか。

 そして吸血鬼の最後ですが、ちょっと無理がある展開でした。
 結末は同じだけど、これはどうかと思いますね。
 それ以外はおおむね満足です。乱歩ファンはおすすめですよ。

ハーレムファイター 一応男の娘が主役だけど入るのは女性傭兵団です

 本来ハーレムキャッスル2が発売されるはずが、ファイターが発売された。おそらく絵師の病気のせいなのだろう。

 主人公のクローシュは美少女に見えるほどの美少年だ。もちろん女装が好きってわけじゃない。意識してないのに女性に見えるタイプだ。美少年に女装させて客を取る話もありだが、二次元ドリーム文庫では無理ですね。

 冒頭で自分の村がヒャッハーと叫びそうな盗賊団に滅ぼされた。絶望にうちひしがえる彼の前に雷の小手という女傭兵団が颯爽と登場し、盗賊どもの腹を切り裂く。某世紀末救世主伝説みたいに殺したりしないが、じわじわと死の恐怖を与えられているので、殺すよりひどい。

 クローシュは傭兵団団長エリエンヌに引き取られた。クローシュは彼女の役に立ちたいが実は雷の小手は女だけの傭兵団だった。クローシュは恩を返すために性別を偽ることになる。本当は勘違いされただけですが。

 もっとも裏方担当のカトリーナにはばれてました。クローシュをいたぶって楽しみます。どうせなら女装させて変態プレイを強要させたら面白かったのだが。

 エリエンヌにはマッサージと称していたずらさせたり、クローシュのものをバイブと偽り射精させたりとやりたい放題だ。同僚のリーズもバイブと称して処女をもらった。いくらなんでもバイブと本物は違うと思うのだが……。案の定ばれてました。一部以外に。

 クローシュが仇である盗賊団のボスマドックを狙うわけだが、最後マドックを捕らえても殺さなかった。まあ人を殺して胸がスカッとしたなんて描写はまずいだろう。もっともパイレーツ2では海軍提督でありながら民間人を虐殺したダルタニスは討たれましたが。さらっと流されたし、戦争以外で人を殺せないのかもしれない。あくまで竹内先生がですよ。

 それを差し引いてもクローシュは当初刹那的な考えを抱いていた。家族を、村人を殺したマドックが許せずにいた。それがエリエンヌたちと触れ合っていくうちに心が溶けていった。仇を前にしても自分の感情より、生け捕りにして報奨金を多く取ることを選んだ。精神的に成長したと言えます。

 絵師はちょっとアレだった。エリエンヌが寝かされたイラストがあるが、角取に見えた。構造が少々どころかかなり変です。絵師の問題でしょう。

 ハーレムシリーズでは珍しく何の権力もない傭兵団の小間使い兼肉奴隷で終わっている。彼が大人になったらどうなるのだろうか。
ハーレムファイター (二次元ドリーム文庫 92)ハーレムファイター (二次元ドリーム文庫 92)
(2008/04/17)
竹内 けん

商品詳細を見る

もんれす 第一巻感想

 コミックライド連載の作品です。

 モンスター娘がプロレスをするお話ですね。基本的にスポコンと言えるでしょう。

 主人公のチロルはケルベロスです。髪の毛が二匹の犬になっています。
 しかし弱い。精神面が非常に未熟なのです。
 彼女は所属する団体のエース、クラーケンのケーラに拾われました。
 美しい容姿に、美しい戦いを見せるのです。

 チロルは自分の事より、仲間が傷つくことで力を発揮します。
 しかし暴走しているので、まったくコントロールできないのです。
 ケーラは一芝居打ちましたが、まったくだめだった。

 とにかくモン娘たちがエロい。特にチロルがリョナされるのがすごいです。
 それとケーラに可愛がられるシーンもすごいですね。
 クラーケンの脚で嬲られる彼女はまさに葛飾北斎を彷彿させます。

 チロルはメンタル面が弱い。強者に一方的にいたぶられる。
 そこを仲間たちの危機に怒り、暴走して相手を倒します。
 しかし本人はそれを嫌がっている。これはチロルの過去に問題がありますね。

 他のメンバーは蜘蛛娘に、ハーピーのピピィ、ドリアードのドリィ、ケンタウロスのウルス、モノアイで、レフリーのアインがいます。
 エロスとガチなバトルが混合しており、非常に魅力的です。

Appendix

プロフィール

江保場狂壱(こうほば・くるち)

Author:江保場狂壱(こうほば・くるち)
ようこそいらっしゃいました。
江保場狂壱の面白いと感じたものを紹介しています。
映画や漫画、ゲームなどがありますよ。
まあ一貫してないのが難点だけどね。

最新記事

カウンターショック

皆様のおかげで元気になれます。来てくれてありがとうございます。

買い物

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR