Entries

ハーレムクイーンの情報

 キルタイムのブログで更新されていました。くわしくはこちら

 舞台はバロムリスト王国で、主人公はシラハムという青年騎士です。
 バロムリストはハーレムシスターのユーフォリアの出身国でした。
 バロムリスト王国の若き女王アーゼルハイトに仕えています。

 他のヒロインは旧セルベリア王国の姫で、現在は朱雀神殿(ユーフォリアがいる)にいるヴィクトワール。
 元フレイア王国の姫のレジェンダがいます。

 ヴィクトワールはシスターなので純潔の代わりにアナルをささげるようです。
 これはユーフォリアも同じで、アナルなら大丈夫のようだ。
 もっともジェネシスのベロニカのように王族なら処女をささげる場合がある。
 ユーフォリアも聖婚なら処女をささげることができた。
 シラハムは一介の騎士だからそこまでは無理か。最後なら処女をもらうかもしれませんね。

 レジェンダはアラビアンナイトの踊り子風です。表紙の尻がエロい。レジスタンス1のレイテ以来の尻だ。
 アラビアン風といえばマイスターのバミリタがいたが、あれはラルフィント王国だった。
 フレイア王国は砂漠の国だが、ジェネラルではそんな格好のキャラはいなかったな。
 もっとも竹内先生は結構適当な設定を作るので、難しく考える必要はない。

 今回で二次元ドリーム文庫第300弾になった。
 かつて第100弾のときはハーレムクライシスだった。壮大な設定でしたね。
 クイーンも同じく早大になるのだろうな。
 だってドモス王国がバロムリストを攻めるのだから。

 おそらくシスターの主人公であるヒルクルスも作戦に参加するだろう。
 西方諸侯同盟が出るかは不明ですね。
 もっともクライシスでもそうだったが、キャッスルの主人公フィリックスが調停を買って出ている。
 たった数行でしたが、当時のキャッスルファンを大いに沸かせました。
 
 正直イシュタールの話が数行だけでもいいから出てほしいな。
 もしかするとクライシスみたいに最後はフィリックスがおいしいところを持っていくかもしれない。
 むしろそれを希望するね。キャッスルの続編が出ていない以上それくらいのファンサービスはしてほしい。
 もちろん過去の作品も言及してほしいと願っています。

ハーレムクイーン (二次元ドリーム文庫)ハーレムクイーン (二次元ドリーム文庫)
(2014/06/13)
竹内けん

商品詳細を見る
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kouhoba.blog.fc2.com/tb.php/968-01e0d3b6

トラックバック

コメント

[C62] 北西部はこの先生で決まり?

絵は良い先生なので作品数とかで主流になるのかなぁ、とも思ったりw
バロムリスト一国で防げるとも思わないので、どうするのか見物ではあります
二重王国から遠いですが、侵攻してたドモスもウェディングと連携していたりして撤退したのかも
でも、西方諸侯同盟が関わっていた、という方が愉しいですよね
あんな遠くのフルセン迄使者送ってたわけですし

キャッスルはヤッパリ絵師の先生がネックでしょうか
ホント続きが読みたいのはフィリックスのお話なんですけどね
今年もでないでしょう…

北海道は猛暑ということなのでお体にお気をつけを
  • 2014-06-05 12:32
  • ご神体
  • URL
  • 編集

[C63] たぶん決まりでしょうね

ご神体様いらっしゃいませ。
かん奈先生は西方半島かその近辺で決まりでしょうね。竹内先生は絵師で舞台を決める人ですから。
それが悪いわけではないです。絵師の為に舞台を決めるなんて普通はありえないから、それがハーレムシリーズのだいご味ですね。

私もバロムリストの戦いに西方諸侯同盟が加わってほしいですね。
キャッスルの続編は人数が多いから無理っぽいと無理やり納得しようとしましたが、やはり納得できない。
年に一度のペースで描いてほしいですね。それなら人数が増えても大丈夫…。

北海道は猛暑なので最近体がきついです。
でもご神体様は関東に暮らしているから暑さは大変でしょう。
お互い健康には気を付けましょう。では。
  • 2014-06-05 15:33
  • 江保場狂壱
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

江保場狂壱(こうほば・くるち)

Author:江保場狂壱(こうほば・くるち)
ようこそいらっしゃいました。
江保場狂壱の面白いと感じたものを紹介しています。
映画や漫画、ゲームなどがありますよ。
まあ一貫してないのが難点だけどね。

カウンターショック

皆様のおかげで元気になれます。来てくれてありがとうございます。

買い物

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR