Entries

UQホルダーで思ったこと

UQ HOLDER!(2) (少年マガジンコミックス)UQ HOLDER!(2) (少年マガジンコミックス)
(2014/03/17)
赤松 健

商品詳細を見る

 UQは去年の48号だけ休載してました。あとは合併号で休んだけどね。
 ネギまと比べるとすごいな。やはりデジタルに変えたのが功を成したか。
 かといってすごく面白いわけではないのが問題だ。

 そもそもUQホルダーはどんな作品なのだろう。
 新規ファンは「不老不死なので作品に緊張感がない」と思っているかもしれない。
 ネギまからのファンは「ネギまの続編だけどできそこない」と思っていたりしてね。
 あくまで私の空想だが、当たらずとも八卦といったところか。

 第一話から近衛木乃香の名字を持つ少年、近衛刀太が主役だ。
 そして保護者の雪姫は実はエヴァンジェリン・AK・マクダウェルだったから驚いた。
 でもそれだけである。あと神鳴流剣士の九郎丸が出てた。

 二巻でも麻帆良學園の地下にあるクウネルの別荘らしきものがあった。
 スラム街の教会では春日美空の名字を持つ春日美柑が出てきたのは驚きです。
 直接関係あるかはわからないが、力の小手の隊員に「超星仔(チャウ・シンチャイ)」が出ている。
 もっとも超鈴音の場合はチャオなので違うかもしれない。

 この通りネギまを匂わせる設定は所々にある。だがそれだけだ。
 それに世界観が割と悲劇的なのです。
 エレベーターの周りはスラム街が広がっていたり、地方はインフラがぼろぼろだ。

 かつて麻帆良學園ではネギを含め楽しくて幸せな日々でした。
 もっともそれは読者の視点であり、肝心のネギは心に闇を抱えていたけどね。
 UQはその楽しさがなくなっている。生きるのに精いっぱいな世界観だ。

 もっとも悲壮感はない。スラム街の住民も笑顔で生活していた。
 設定は悲劇かもしれないが、それは裕福な生活をしている者の視点だ。
 実際に暮らす人間にはそこは楽園なのだろう。自分を基準に計ってはいけないのだ。
 この点はネギまのときと同じですね。

 戦闘は不死だから無敵で、まったく緊張感がない…わけではない。
 逆に不死ならではの欠点が明かされ、刀太たちは危機においやられていくのだ。
 ただ今のところ夏凛の戦闘の方が盛り上がっている気がします。
 夏凛に頼らず、刀太だけの力で解決できないと問題がありますね。

 それと少年誌だから美少女の数も増えないと厳しいな。
 桜雨キリヱのサドっぷりで巻き返せるか心配だ。
 それ以前に物語の謎が明かされていく方が気になりますけどね。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kouhoba.blog.fc2.com/tb.php/955-79aae53c

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

江保場狂壱(こうほば・くるち)

Author:江保場狂壱(こうほば・くるち)
ようこそいらっしゃいました。
江保場狂壱の面白いと感じたものを紹介しています。
映画や漫画、ゲームなどがありますよ。
まあ一貫してないのが難点だけどね。

カウンターショック

皆様のおかげで元気になれます。来てくれてありがとうございます。

買い物

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR