Entries

UQホルダー第13話感想 ぬるっとしたてきがあらわれた。

 UQのファンはネギまファンからの引継ぎですね。感想を書いているのもほぼネギま感想サイトがほとんどです。まあネギまもラブひなファンを引き継いでいたからな。エヴァンジェリンとのバトルから新規ファンを獲得できたと思う。UQもこれからの展開で新規ファンを取り込まないと厳しいかも。

 とか思っていたら孤児院のシスターに春日美柑が出てきました。やはり春日美空の子孫でしょう、性格が似てますから。まさかネギの教え子関係者が出てくるとは思わなかった。不意打ちで平手打ちを食らった気分ですよ。いい意味で。

 UQの世界はネギまと違い、裏の世界の暗さを描いています。ネギまはなんとなく陽気であり、のわっはっはと笑いあう能天気な世界観でした。もっともUQの場合、刀太の能天気さが暗さを吹き飛ばしており、世界観はともかく、赤松先生らしさは失っていないですね。

 地上げ屋が雇ったのは瓦礫屋らしい。なんとなくネギまの魔法世界に出てきたバルガスに似ています。もっともバルガスは破落戸だが愛嬌はあった。だが瓦礫屋は蛇のようにぬるっとした薄気味悪さがある。空気圧縮の魔法アプリを使っており、子供たちに平気で向けていた。これだけでも手加減する必要のない悪人であるとわかりますね。もっともバルガスはネギがナギに似ているという理由でケンカを売ったけどな。

 刀太と九郎丸が戦うが、あっさりやられた。刀太は地下の魔獣を倒したが、相手が化け物だから平気で倒せたのだ。だが地上げ屋とはいえ相手は人間です。まだ対人の経験がないからだ。代わりに夏梨が一刀両断しました。さすがに場馴れしていますね。不老不死だけど無敵じゃない、大事なのは経験と言ったところだ。

UQ HOLDER!(1) (講談社コミックス)UQ HOLDER!(1) (講談社コミックス)
(2013/12/17)
赤松 健

商品詳細を見る
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kouhoba.blog.fc2.com/tb.php/873-874b6117

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

江保場狂壱(こうほば・くるち)

Author:江保場狂壱(こうほば・くるち)
ようこそいらっしゃいました。
江保場狂壱の面白いと感じたものを紹介しています。
映画や漫画、ゲームなどがありますよ。
まあ一貫してないのが難点だけどね。

カウンターショック

皆様のおかげで元気になれます。来てくれてありがとうございます。

買い物

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR