Entries

UQホルダー第七話 刀太と九郎丸が暗闇の中でふたりっきり

 今回は刀太と九郎丸が暗闇の中に落とされた。その期限は八年です。八年も闇の中でふたりっきりだよ。灯りもなく、体を温める火もない。温まるにはふたりで抱き合うしかないじゃないですか。邪魔をする雪姫はいない。誰の目も気にせずふたりは愛し合う……、と思いきやそこにUQホルダーのリーダーを自称する男が現れる。なんて邪魔者なんだ、せっかくの二人の愛の巣を邪魔しやがって……。

 とまあ、妄想を逞しくしてみた。ちなみに暗闇に落とされたのはUQホルダーに入団するための試練であり、八年で出られたら合格だそうです。不死人だから即行で仲間か家族になるわけではないようだ。孤独を癒し、傷をなめ合うのではなく、自己が独立するところのようである。雪姫の弟子でも大した肩書ではないが、認められれば仲良くなるだろうな。

 UQのメンバーは前回雪姫を迎えに来たバサゴを始め、真壁源五郎、夏梨、飴屋一空が出てきた。てっきりひとりずつ出てくるかと思ったが意外でした。ですが彼らはどうもいまいちです。源五郎はきっちりした性格のようですし、夏梨は表情が読めない。風呂を覗かれても、裸にされても表情を変えなさそうだ。飴屋はよくわからないので、保留です。

 逆にUQホルダーのリーダーを自称する宍戸仁兵衛には期待ができそうだ。刀太と仲良くなれそうだし、九郎丸を思いっきりいじってくれるだろう。なんというか宍戸は見た目がダメ人間ぽいので源五郎らに落とされた感じですね。いないとすっきりするところか。それでいて性能だけは高いと。

 あと地下に住む生物は凶悪なようです。喰われると三〇年かけて消化されるそうだ。不老不死ならではの恐怖ですね。不老不死だから万能とは言い難い。ジョジョ第二部のカーズも究極生物になったが宇宙空間では体が凍りつき、永遠に地球には帰れなかった。幽遊白書の戸愚呂兄が蔵馬によって永遠に幻覚を見せつけられるはめになっている。死ねない地獄があるのですよ。

 今のところ九郎丸がいじられると面白いです。やはり生真面目な人間がいじられると楽しいですね。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kouhoba.blog.fc2.com/tb.php/853-6f44e4e1

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

江保場狂壱(こうほば・くるち)

Author:江保場狂壱(こうほば・くるち)
ようこそいらっしゃいました。
江保場狂壱の面白いと感じたものを紹介しています。
映画や漫画、ゲームなどがありますよ。
まあ一貫してないのが難点だけどね。

カウンターショック

皆様のおかげで元気になれます。来てくれてありがとうございます。

買い物

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR