Entries

江戸川乱歩異人館 第七巻感想

 江戸川乱歩異人館も七巻目に突入した。当初江戸川乱歩は古いから見向きもされないと思っていたが、そうでもなかったな。やはり江戸川乱歩は時代を超えて支持されるものなのだなと思う。

 七巻は黒蜥蜴の話です。意外なまでに忠実ですよ。だって漫画化すると桜木葉子は省かれるのに、出てるんだもの。やはり連載物は強いな。かつてJET先生が漫画にしましたが、省かれる部分が多いですが。

 原作では密室で知らないうちに浮浪者が現れ、早苗が消えてましたが、漫画では外から硫酸のビンを投げつけられ、早苗に変装した黒蜥蜴が彼女の部屋に戻り、家具屋に変装した部下と一緒に帰るのです。乱歩の作品でも微妙な表現があるから、現代風に変えられましたね。

 黒蜥蜴はいろいろ衣装を変えてます。ただし男っぽいしゃべりではなくなってます。

 原作では雨宮は黒蜥蜴と一緒にいましたが、彼は六巻で逮捕されたので、出ません。

 明智小五郎はおとなしくなったかと思ったけど、全然そんなことなかったですよ。だって黒蜥蜴の前で正体を明かすときはそうでした。

 最後は指です。被害者は地獄の道化師に出ていた白井清一です。右手を切断され、恋人の江川蘭子が犯人なのだ。実は指を読んだことがないので、よくわかりません。

江戸川乱歩異人館 7 (ヤングジャンプコミックス)江戸川乱歩異人館 7 (ヤングジャンプコミックス)
(2013/08/19)
山口 譲司

商品詳細を見る


明智小五郎・黒蜥蜴 (ソノラマコミック文庫 し 38-1 名探偵登場シリーズ!)明智小五郎・黒蜥蜴 (ソノラマコミック文庫 し 38-1 名探偵登場シリーズ!)
(2008/08/07)
JET

商品詳細を見る
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kouhoba.blog.fc2.com/tb.php/838-57e46825

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

江保場狂壱(こうほば・くるち)

Author:江保場狂壱(こうほば・くるち)
ようこそいらっしゃいました。
江保場狂壱の面白いと感じたものを紹介しています。
映画や漫画、ゲームなどがありますよ。
まあ一貫してないのが難点だけどね。

カウンターショック

皆様のおかげで元気になれます。来てくれてありがとうございます。

買い物

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR