Entries

グーニーズ

グーニーズ 特別版 [DVD]グーニーズ 特別版 [DVD]
(2010/04/21)
ショーン・アスティン、ジョシュ・ブローリン 他

商品詳細を見る
 一九八五年に公開されたリチャード・ドナー監督作です。

 私の世代だとグーニーズはファミコンの印象があります。これはコナミがゲーム化したものですが、映画を再現は無理だったけど、出来はよかったのです。主人公のマイキーを操り赤いネズミを蹴り殺すと、爆弾が手に入りますが、ギャングは気絶するだけで死にません。コナミマンやツインビーなどの隠しキャラが満載で面白かったです。続編ではなぜか人魚が仲間になっていましたね。エンディングにしか出てこないけど。

 グーニーズは子供たちのグループで、片目のウィリーが遺した宝を探す話です。そこにギャング親子が加わり、てんやわんやとなります。

 宝を探すのは実家が借金で地上げされるので、その借金を返済するために冒険に出ました。切実ですね。マイケル・フォッシュがマイキーで、データがキー・ホイ・クァンが出てます。魔宮の冒険にも出てましたよ。こちらは大人が相棒じゃないけどね。


 フラッテリー一家は天空の城ラピュタのドーラ一家を思い出します。フラッテリー一家の末っ子スロース(ジョン・マツザック)は異質な存在で、時代がおおらかなせいでしょう。

 まあ子供相手に銃を突きつけるフラッテリーはかなり大人気ないですけどね。子供たちの冒険ではピーターパンのフック船長みたいな敵が必要なのでしょう。

 とはいえ冒険物としては面白かったですよ。一度は観てごらんなさい。冒険物で必要なものが何かわかりますよ。

スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kouhoba.blog.fc2.com/tb.php/831-0b6f53b3

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

江保場狂壱(こうほば・くるち)

Author:江保場狂壱(こうほば・くるち)
ようこそいらっしゃいました。
江保場狂壱の面白いと感じたものを紹介しています。
映画や漫画、ゲームなどがありますよ。
まあ一貫してないのが難点だけどね。

カウンターショック

皆様のおかげで元気になれます。来てくれてありがとうございます。

買い物

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR