Entries

ネギまの登場人物 出席番号三十一番 ザジ・レイニーディ

 ザジほどもどかしい生徒はいないだろう。無口だし、人と全く関わらない。少しでも関わると嬉しくなるという感じだ。最大の衝撃は魔法世界の墓守人の宮殿での登場です。あれのせいでクラスメイト編をやらなかったのではと勘繰る始末だね。

 ザジは褐色肌が目立つが、存在自体目立たない生徒だ。古菲や龍宮はそれなりに目立つが、それは人と関わるからである。精々修学旅行で千雨がピエロ呼ばわりしたくらいか。あと映画村のバカ騒ぎに参加しなかったこともある。

 麻帆良祭の準備前だと一応しゃべったが、あくまで営業スマイルであり、台本を読んだだけと思われる。その後クラスの出し物を委員長らの代理を務めるなど、地味だがクラスメイトと交流はしている。

 魔法世界編では閑話でエヴァンジェリンにコスプレをされただけだった。このまま魔法世界編が終わるまで彼女の出番はないと思ってましたよ。

 それが墓守人の宮殿での出会いだった。もっとも姉のポヨであり、本人はネギの完全なる世界で出会っただけである。それだけでもザジは普通の人間でないことが分かった。体育祭ではもう正体を隠さなくてもよくなったのか、積極的にしゃべり、ネギと対応する。その実力はポヨと同じで、半魔族である龍宮と互角に戦っていた。もっともザジも五月に説得され、ネギを擁護する側に回ったが。

 正直ザジのクラスメイト編をやらないで最終回を迎えたのは不満だった。一話だけでも挟んでくれたら評価は変わっていたはずである。出席簿で「魔界のプリンセス」「魔界は金星?」の書き込みだけで判断しろというのか。

 だが読者にしてみれば今さらな気がする。ザジは魔族でプリンセスだよと言われても、墓守人の宮殿以上の衝撃は得られないと思う。それほどあの話は衝撃が強すぎでした。クラスメイト編をやらなかったのは残念であり、仕方ないと思える部分もあります。二つの感情に挟まれて、難儀してますね。

 中の人はいのくちゆかさんです。声優が決まったときはザジはしゃべってないのでドラマCDではまだキャラが定まってませんでした。

 UQホルダーではいいんちょや茶々丸、さよとともに登場しており、普通にしゃべっています。UQがアニメ化するなら彼女が出てもおかしくないのにキャスト名がないです。まあ後から出るかもしれませんが。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kouhoba.blog.fc2.com/tb.php/817-617f7d27

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

江保場狂壱(こうほば・くるち)

Author:江保場狂壱(こうほば・くるち)
ようこそいらっしゃいました。
江保場狂壱の面白いと感じたものを紹介しています。
映画や漫画、ゲームなどがありますよ。
まあ一貫してないのが難点だけどね。

カウンターショック

皆様のおかげで元気になれます。来てくれてありがとうございます。

買い物

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR