Entries

逆転裁判5 話に矛盾は出てない、かな?

 本編は第四話まで進みました。ここでネタバレをなるべく含まずに解説してみたいと思います。

 4のときのような依頼人や、むちゃくちゃなトリックは出ておりません。犯行の証拠もきっちり出ております。4は少しむちゃすぎたのです。その欠点はかなり解消されたと思いますね。

 第一話は冒頭で犯人がわかります。これをいかに犯人として告発するかが問題ですね。逆転シリーズの伝統です。例外はあったけどね。体験版はかなりカットしたなと思いました。かなり中味が濃いです。

 第二話も犯人が分かりました。これは1でもあったのです。みぬくは裁判では使えないけど、探索中で使えるようです。ココロスコープは感情だけでなく、何かを選択する場面もありました。

 第三話は一話の容疑者が再登場です。ただし第一話より過去の話なので問題はなし。ここで第一話の伏線が生きてくるわけです。牙流響也が出ましたが、模擬裁判の再現に出ただけです。あとは最後の方に出ていたか。彼は検事にしてはさわやかなので、ユガミ検事と比べると個性が薄いですね。

 第四話はいきなり裁判から始まりました。3も四話は裁判パートのみだったのです。ところがここで一話の伏線が出てきました。今はナルホドに代わり、探索中です。依頼人がなんとなく矢張に似てますが、別人でした。さすがに宇宙飛行士に転職はできませんからね。

 4は最初プレイしても違和感を感じませんでしたが、三話のトリックがどうも理解できなかった。行動もおかしかったのです。

 まず4はオドロキの個性が薄かった。ナルホドという財産が有りながらそれを捨て、彼をやさぐれにしてしまったからです。それに最後はナルホドに頼ることが多かった。
 今回もオドロキは出ていますが、こちらは後輩ができたのか頼もしくなってます。

 検事も個性がない。ロックバンドのリーダーなのはいいですが、敵という感じがしませんでした。ユガミ検事はオドロキだけでなく、裁判長や証人も圧倒しております。ことあるごとに囚人を引合いにした話をします。

 刑事は甦る逆転に出ていた宝月茜ですが、やる気のなさがひどかった。番刑事は暑苦しいですが、どこか空回りしております。イトノコ刑事より検事に対して勇気がありますね。もっともイトノコ刑事は御剣を信頼していましたが、番刑事はユガミ検事を更生させようとしてます。

 映像にあった綾里春美や御剣はまだ出ていません。これから楽しみです。

逆転裁判5 公式コンプリートガイド逆転裁判5 公式コンプリートガイド
(2013/08/08)
不明

商品詳細を見る
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kouhoba.blog.fc2.com/tb.php/814-1fc42660

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

江保場狂壱(こうほば・くるち)

Author:江保場狂壱(こうほば・くるち)
ようこそいらっしゃいました。
江保場狂壱の面白いと感じたものを紹介しています。
映画や漫画、ゲームなどがありますよ。
まあ一貫してないのが難点だけどね。

カウンターショック

皆様のおかげで元気になれます。来てくれてありがとうございます。

買い物

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR