Entries

元祖電エース

元祖 電エース [DVD]元祖 電エース [DVD]
(2005/10/21)
萩原佐代子、沢地優佳 他

商品詳細を見る
日本以外全部沈没で有名な河崎実監督作品である。

元々は1989年に発売されたバンダイのビデオマガジン『電影帝国』の1コーナーでデヴューした。
 どっかのテレビ局でまとめて放送されたそうな。
 その後河崎監督の公式HPでストリーミング放送による新作が発表された。

この作品では1989年板5本と2005年版5本収録されている。
 DVDパッケージは一昔の映画の看板みたいなリアルタッチだ。

電エースは電一(でん・はじめ)南郷勇一こと河崎実本人が演じている。
 電エースは気持ちよくなると変身するのだ。ビールを飲んだり、女性に抱きついたりと様々である。
身長2000メートルになり、東京タワーを武器にする。人間大にもなり、生身の不良をぼこぼこにする。

一には弟の次郎がいるが怪獣に踏み潰される役割がほとんど。演じた人は加藤礼次郎さんで、本職は漫画家。
ヒロインは坂本和江。快楽が弱まると彼女に抱きつく。
主題歌とエンディングテーマはあるが、スタッフロールがやたらと早い。
 あと通行人が平気で歩くなど素人っぽい作りである。
エンディングは河崎監督が歌ってます。

 2005年版はウルトラファイトみたいな展開である。
 ナレーションがモロパクリ。スーツも新調したのかぺらぺら。怪獣のきぐるみもぼろぼろで、安っぽい。
回が進むごとにひどくなる。その4では沢地優佳が珍獣おっぱい星人として登場する。
 きぐるみとかではなく、グラビアに出てくるビキニ水着姿だ。

その5では白髪が増えた加藤礼次郎さんや、萩原佐代子さんが登場。
 萩原さんはウルトラマン80でユリアン、科学戦隊ダイナマンでダイナピンクなど80年代の特撮番組で活躍した人だ。
 加藤さんが丁寧に説明してくれます。
 彼女は唐突に電A子に変身し比較的しっかりした衣装のレッドベアキングを一撃で倒しました。
最後は加藤先生自身が歌うバラードで締めです。

全部で24分なので短いです。
 監督が主役の作品はどことなくでしゃばりというか、作者の自己満足な自慰作品に思えます。
 アニメのワタナベシンイチ監督みたいにカメオ出演でちょっぴり出演どころか、自身のキャラを堂々と出す人よりはマシです。エクセルサーガを見てみよう。

全体的に素人の作った作品に思えてしまいます。
もっとも予算が少ないから監督自身が出演するハメになったかもしれません。
 俳優ではなく漫画家の加藤先生を友情出演させるのも、低予算をカバーするためかも。
あと萩原さんは40代ですが、とても綺麗な人です。綺麗な人は何歳でも綺麗ですね。娘さんと一緒に出演してました。
 楽屋裏では「ホームビデオを撮っているみたいですぐ終わった」とコメントしてます。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kouhoba.blog.fc2.com/tb.php/81-81a11384

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

江保場狂壱(こうほば・くるち)

Author:江保場狂壱(こうほば・くるち)
ようこそいらっしゃいました。
江保場狂壱の面白いと感じたものを紹介しています。
映画や漫画、ゲームなどがありますよ。
まあ一貫してないのが難点だけどね。

カウンターショック

皆様のおかげで元気になれます。来てくれてありがとうございます。

買い物

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR