Entries

江戸川乱歩異人館第一巻感想

江戸川乱歩異人館 1 (ヤングジャンプコミックス BJ)江戸川乱歩異人館 1 (ヤングジャンプコミックス BJ)
(2011/02/18)
山口 譲司

商品詳細を見る

 かつてビジネスジャンプに連載されている江戸川乱歩原作で、作画は山口譲司先生です。

 山口先生はエロス色が濃いので自然にエロが多いです。基本的に不定期連載でしたが、連載になりました。現在はグランドジャンプで連載されております。

 第一話・穴男:屋根裏の散歩者。基本的に原作と同じだが明智は新聞で名前が出るだけ、江戸川乱歩が出てくる。別に推理をするわけではないが、狂言回しといえる。なんとなく色白で歌舞伎の女形に似てる。別に中性ぽいわけではないが、なんとなく。
 原作をそのまま漫画にするのではなく、現代風にエロを入れている。

 第二話・座男:人間椅子。ある椅子職人が依頼人の女性を椅子越しで感触を楽しむ話。本当は椅子にもぐるのは盗みのためだったが、漫画では最初から女性のために椅子を作った。椅子に座る夫人がすごく色っぽかった。オチは原作と逸脱しているが、異人の周りには異人が集まるものだと思った。

 第三話・絞男×明智小五郎:D坂の殺人事件。数年前の乱歩と明智小五郎と出会う話。明智がSMプレイをしてます。原作では当時の明智は金田一耕助と同じように着物を着てましたが、最初から洋服を着てます。乱歩は最初明智を犯人だと断定しますが(原作でも同じだった。ただし乱歩ではなく別の人)、漫画では明智が女性を鞭打って、首を絞めていたシーンを見て、そう判断したのです。
 さらっとしたSMも漫画になるとねちっこいですね。

 第四話・壁男×明智小五郎:魔術師。今まで短編だったが初の長編になった。妙子がやたらと巨乳である。文代は胸が小さく、少女に近い。なんとなく猫を連想した。明智は正義感で動くというより、難事件を解くのが楽しみの異人である。それでも殺人は見過ごせない性格である。

 山口先生の描く女性は色っぽいです。肝心の話も破綻しておらずなかなか楽しめました。江戸川乱歩を愛している証拠ですね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kouhoba.blog.fc2.com/tb.php/731-ccbbedb0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

江保場狂壱(こうほば・くるち)

Author:江保場狂壱(こうほば・くるち)
ようこそいらっしゃいました。
江保場狂壱の面白いと感じたものを紹介しています。
映画や漫画、ゲームなどがありますよ。
まあ一貫してないのが難点だけどね。

最新記事

カウンターショック

皆様のおかげで元気になれます。来てくれてありがとうございます。

買い物

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR