Entries

お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからね 第7巻感想

お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!!(7) (アクションコミックス(コミックハイ! ))お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!!(7) (アクションコミックス(コミックハイ! ))
(2013/05/10)
草野 紅壱

商品詳細を見る

 ついに7巻目に突入だ。ギャグの切れは初期と比べると落ちたが、安定した構成になっている。今までは飛ばしてきたけど、ペース配分がうまくなった感じですね。

 莉智香は勉強の一環で修輔に自慰行為を禁止させました。そこに彩葉が近づいてきた。莉智香は彩葉に命じて刺激を強めていた。しばらく彩葉の出番がなかったので、彼女の活躍が面白いネ。

 奈緒は修輔がエロ絶ちで日々披露するのを見てられない。しかし一番大事なのはエロ絶ちして性癖が変わることを恐れているだけだ。奈緒はあくまで自己中心的だ。彩葉はストーカーだが修輔のことを心配している。

 修輔はエロだが奈緒に自分の性癖を知られることを恐れている。奈緒は全部知っているのだが、知らないのは修輔だけ。奈緒に関わるとエロ断ちするのだから妹想いではある。変態だけどね。

 奈緒は夢精させることで修輔をすっきりさせたが、今まで覚えたことを忘れてしまった。これには奈緒も反省し、近藤繭佳を引っ張りだし、勉強させることにした。

 近藤は学生服を着ただけで誤魔化せるとは思えないのか。しかも紙袋を被っただけで騙せないだろう。もっとも奈緒は修輔の部屋に誘うだけでよかったようだ。奈緒は策士である。もっとも莉智香も只者ではない。彼女は奈緒が暗躍していることを察知している。

 莉智香には弟がいるが、もしかしたら義理なのかもしれない。修輔を実験動物にして自分のために生かすためではないだろうか。

 修輔は周りの女性たちに弄ばれている。もっとも奈緒が主役だから問題ないが。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kouhoba.blog.fc2.com/tb.php/729-110dd2df

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

江保場狂壱(こうほば・くるち)

Author:江保場狂壱(こうほば・くるち)
ようこそいらっしゃいました。
江保場狂壱の面白いと感じたものを紹介しています。
映画や漫画、ゲームなどがありますよ。
まあ一貫してないのが難点だけどね。

カウンターショック

皆様のおかげで元気になれます。来てくれてありがとうございます。

買い物

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR