Entries

ハーレムストライカー 美少女に男装させて稚児ごっこだ!!

ハーレムストライカー (二次元ドリーム文庫 226)ハーレムストライカー (二次元ドリーム文庫 226)
(2012/06/13)
竹内けん

商品詳細を見る

ストライカーって作中では生涯に戦場で五人殺せばエース。エースを超えた万夫不当の勇士を示すようだ。

 舞台はオルシーニ・サブリナ二重王国。主人公のギンブレッドはオルシーニのケーフェン領の家臣だ。
 ロージアは若きケーフェン伯爵だが、病気で寝込んだために姉のレジーナが男装して戦争に参加したらしい。
 別に正直に病気だと届けて、ギンブレッドを代理にすればいいのに。見栄を張る家系なんだろうか。
 ちなみにケーフェンは女王汚辱ではオルシーニ王国の最年長将軍でボーネットの旧友。
 リュミネー河畔の戦いで戦死しました。

 ギンブレッドはセリューンの腐れ縁らしい。
 もっともギンブレッドはセリューンを嫌っているがなんだかんだで付き合いは長いようだ。
 セリューンの活躍が華々しいため、ギンブレッドの活躍が日影になっている。

 セリューンのために働くのはごめんだが、ケーファン家のために働くのに苦はない。
 男装しているレジーナを守るのがギンブレッドの仕事だ。しかしこれはギンブレッドとレジーナだけの秘密である。
 さてセリューンは嫌がらせにギンブレッドの昔の女フロマージュを目付につけた。
 昔散々弄ばれたためかレジーナを美少年と思い込み、童貞をいただこうとしている。危ない女だ。

 魔法使いである家臣のソレイユは若が周りにバカにされないよう夜伽をしたいと思っている。
 そんなのことは無理です。諦めてください。
 こちらは忠臣なので袖にできないからギンブレッドもつらい。

 一応ギンブレッドはフロマージュ、ソレイユを抱いた。
 そして戦が終わり、レジーナとセックルしていたら、二人に闖入され、稚児趣味だと疑われた。
 レジーナは悪乗りしたのか自分は男色趣味と言い切りふたりを犯す。でもばれてました。てへっ♪
 でもアナルでやってないのだが、ジェネシスのアレックスもマンセルが女性と知りつつ、あくまで衆道として扱っていたのにね。

 みんな大嫌い、二重王国包囲網。みんなが慌てふためいているがセリューンは気にしてなかったようだ。
 メリシャントはオルシーニに痛い目にあったために積極的に動かない。
 ヴァスラはジェレミィという梟雄が出て内乱状態だという。
 ちなみにジェレミィは読み切りハピネスレッスンのショタ騎士だ。
 幼馴染の騎士と魔法使いのふたりをこました。一体どれくらいの時期なんだろ。

 ケーフェン領が参加したのはディヴァン、宇宙刑事みたいな名前の王国だが、家督争いが勃発したようだ。
 庶長子のヴァルモアと嫡男のリーフレッドが争っているが、ヴァルモアに軍を掌握されちゃったよ。
 二重王国はリーフレッドを保護し、ディヴァンに侵入した。そして勝利したのです。

 狙いはヴァルモアという人材をセリューンが得るためだ。
 一応セリューン自身は領土はないし、軍もない。
 ヴァルモアとサブリナ派のジークリンデ、そしてオルシーニからはギンブレッドを起用したいようだ。

 今回でセリューンの狙いが明らかになる。
 大陸統一してすべての人々の責任を背負うなんざ真っ平ごめんといったところか。
 基本は分断統治にしたいらしい。表向きは独立国を認めてやり、プライドを傷つけずに上前を搾り取りたいようだ。
 まあ生かさず殺さずといったところか。

 こうなると二重王国が百日戦争の調停を受け入れたのは当然と言える。
 二重王国に敵対する者は傀儡化するが面子は立てさせればいい。
 西方諸侯を無理に攻める必然性が見当たらない。西方のペルセポネはなぜか戦争してくるけどね。
 エトルリアが同盟を持ちかけても受け入れているからなおさらだ。
 無論妻のヴィシュヌが納得できる形を取っているだろう。ドモスが攻めてきたら迎え撃つ覚悟はあるようだ。

 あとはセリューンの他にヴィシュヌやリサイア、メルディスが出た。
 同じセリューンの妻であるマリーシアは出てこなかった。マリーシアはキャラとして薄いからね。
 リサイアはギンブレッドとは顔なじみだがセリフは少ない。
 もっともセリューンにいたずらされており、ギンブレッドは慣れているのか気にしてないようだ。

 メルディスは女王汚辱でもそうだったが挿絵なしだ。なんかショタになってる。
 あとデムルガストの妻であるアンジェリーナはセリューンの女だった過去がある。
 フロマージュと並べて一晩でどれだけイカセられるか勝負したらしい。若いな。

 レジーナは一四歳で胸が小さい。一応髪は長かったようだが、少年に見えなくもない。
 ソレイユは赤毛の長髪でおっぱいが大きい。それにけなげだ。
 絵だと日焼けしているが黒ギャル、ではないよな。それに遊んでいるわけじゃないし。
 ソレイユは太陽という意味がある、その名の通りに太陽のように明るい子だ。

 フロマージュはジェネラルのオルタンスに似ている。でも変態度はフロマージュのほうが上だ。
 もっともギンブレッドに開発されたから、ある意味不幸ですね。
 絵師は新規の人でかわいい感じのする絵柄だ。これからが楽しみである。

 あと6月13日にハーレムクイーンが出ます。絵師はかん奈先生だ。
 あらすじはバロムリスト王国の若き女王に仕える青年騎士シハラム。
 彼は侵攻してくるドモス王国に対し、美女たちの力を借りて立ち向かう!  となってます。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kouhoba.blog.fc2.com/tb.php/690-94f4c507

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

江保場狂壱(こうほば・くるち)

Author:江保場狂壱(こうほば・くるち)
ようこそいらっしゃいました。
江保場狂壱の面白いと感じたものを紹介しています。
映画や漫画、ゲームなどがありますよ。
まあ一貫してないのが難点だけどね。

カウンターショック

皆様のおかげで元気になれます。来てくれてありがとうございます。

買い物

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR