Entries

ハーレムアーカイブス

読者全員サービスでもらいました。はっきりいえば文庫本で売っても売れると思いますが、編集部も太っ腹ですな。表紙はクライシスのケイトと、ディスティニーのシャロンの書下ろしです。

 過去にドリームマガジンやおまけの短編作品を集めたものです。2002年に掲載された妖姫リンダからハーレムdィスティニー外伝などいろいろだ。表紙がケイトとシャロンなのはニ作品描いたのが龍牙狼先生くらいですからね。深い意味はないでしょう。もっとも深読みしたがる人はいますが、人は人です。

 妖姫リンダは2002年にドリームマガジンで読みきりで掲載された作品です。黄金竜を従えた王国の後日談で、エクスターが舞台です。エクスターにはレベッカという騎士がおり、戦況はレベッカ一人にかき回されています。そこへロレントの寵愛を受けるリンダが登場。リンダはレベッカを捕らえ、魔法バイブで二穴を開発されてしまいました。
 当時はハーレム色がなく、気高い女性、レベッカを陵辱するのがメインだったと思います。そしてリンダの奴隷となりましたが、シスター2で登場したときはヒルクルスの無礼を咎めていました。レベッカはリンダの奴隷ですが、他の人は厳しいです。いや、ヒルクルスだけか。ヒルクルスは尊敬するクライバーンの妹であり、友人であるヴィクトリアに痴女な格好をさせたからね。自分はリンダの奴隷でも、友人は関係ないと思っているだろう。ヒルクルスもリンダとレベッカ、リンダの従者であるヴェルナーと養子のフェンリッヒには勝てないと思ってますからね。
 ロレントはリンダのことを妹のように思っているらしいが、リンダはいつでも子種を奪うのに隙を狙っていそうだ。

 餓狼の目覚めは携帯からの作品です。当時はロレントは10歳で初体験がドミニクのようだ。初々しいね。でも10歳で初体験はすごい。フィリックスは12歳で初体験したから、ロレントの勝ちだ。ロレントとドミニクは当時初めて同士だった。これからロレントは狒々になってしまったのだろう。恐ろしいことだ。

 ハピネスレッスンはヴァスラが舞台で見習い騎士のジェレミィが、隣のお姉さんであるソニエールとイングリッドとやりまくる話だ。ハーレムというより3Pだった。このあたりはエッチがメインのようだ。詳しい年代は不明だが一応クライシスより10年前ということらしい。食べ物は冬瓜だけです。

 クライシスの外伝はエッチがメインです。こちらは店で買ったときもらいました。あとプリズナーも。こちらはエッチがメインなので書くことがないです。

 ディスティニーはアリオーンがレイリアにブリギッダ領を返してほしければ、旧ネフティスで叛乱を起こせという無茶振りを命じられた。もっともネフティスは反ドモス国家として復活したから成功したのかもしれない。女性がレイリアだけです。
 
 ロイヤルガードでは本編から20年後の未来を書いてます。パウロとエステリーゼの子供エロイーズがイシュタール王国の王太子フィリックスの嫁候補として国を出る話ですが、パウロは西方諸国同盟を望んでいるが盟主になると人と金が流れるので嫌。ならば内紛で弱っているイシュタールに盟主という名の貧乏くじを引いてもらうつもりらしい。将来性がなければ裏切ればいいし、どうせなら国王の養子がいいという有様だ。イシュタールが盟主の同盟ですがあまりいいものとはいえない。ただしクライシスでドモスと二重王国の百日戦争の調停を成功しているから、まだ裏切られることはないだろう。
 あとブリューセイスは子供がスノウ侯爵領を継いだようだ。ゼセラは学園長になり三人の子宝に恵まれたようだ。

 読者としてはパイレーツのエトルリアや、さまざまな国の状況を知りたいのが本音であろう。しかし先生も自由には書けないのか、編集部と相談して舞台となる王国を決めているのか。ハピネスレッスンはハーレム世界でもどことも関わらない国でただショタのお姉さん二人がお気に入りの少年とエッチする話ですからね。リンダみたいに黄金竜の後日談とくらべるとパンチが弱いです。先生にはいろんな国のいろんな情勢を作品で発表してほしいです。次回作はキャッスル4らしいですが、夏に出るとか出ないとか不安定なことを言ってます。どうせなら他国を舞台にした新作を書けばいいと思いますが、ねた切れを起こしたのでしょうか?ハーレムシリーズのマンネリ化を打破するにはどうすればいいのか、やはり大陸の外から来た新技術を持つ国が来てくれないと無理かも。ドモス王国すら蹂躙する兵器を持った国が征服に来て、みんなで一致団結して戦うの。
 でも人類共通の敵が現れても、結局は人間の敵は人間になるのは、進撃の巨人でも描かれてますからね。
竹内けんハーレムシリーズ公式ガイドブック竹内けんハーレムシリーズ公式ガイドブック
(2010/10/22)
二次元ドリーム文庫編集部

商品詳細を見る
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kouhoba.blog.fc2.com/tb.php/683-dd1a9def

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

江保場狂壱(こうほば・くるち)

Author:江保場狂壱(こうほば・くるち)
ようこそいらっしゃいました。
江保場狂壱の面白いと感じたものを紹介しています。
映画や漫画、ゲームなどがありますよ。
まあ一貫してないのが難点だけどね。

カウンターショック

皆様のおかげで元気になれます。来てくれてありがとうございます。

買い物

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR