Entries

ネギまの登場人物紹介 出席番号一四番早乙女ハルナ

 
早乙女ハルナは図書館探検部の一員である。

 宮崎のどか、綾瀬夕映と一緒にいることが多い。ただし二人と違って彼女はネギのことが好きではない。
 もちろん嫌っているわけではなく、面白半分で接している。
 あくまでのどかと夕映のサポートが中心であった。

 麻帆良祭で独自に推測した結果、ネギが魔法使いであることを見抜き、夕映たちが関わっていることを看破した推察力がある。
 そして彼女らから仮契約を知り、アーティファクトがほしいのでネギと普通にキスをした。
 この辺りはハルナがネギのことを応援するが、恋愛感情までない証である。

 図書館島探索ではのどかとハルナでサポートをしていました。
 修学旅行では魔法に気づかず、木乃香の実家についてきましたが、活動しませんでした。
 麻帆良祭でやっと真相に気づいた感じですね。 

 魔法世界では散り散りになったが、船を一隻買うなどたくましく生き延びている。
 アーティファクトは書いたものを実現化する力があるが、彼女の執筆の速さがアーティファクトの力を存分に発揮していると言える。

 ハルナはネギに恋愛感情はないが、友人の恋は応援している。中立の立場をとっているのだ。

 最終回では魔法世界で大成したが、BLを広めたために禁書扱いされてました。
 さらに指名手配されるなど散々ですが、彼女は気にしないでしょうが。

 ハルナ役は石毛佐和さんです。おジャ魔女どれみの春風ぽっぷ役があります。
 ゲームはドリームクラブシリーズの魔璃役がありますね。
 あまり活動はしていないようです。ブログを更新しているので安心ですが。

 UQでは回想シーンのみ出てます。
 のどかや夕映は出たけど、彼女だけでないのは寂しいですね。
 二人を解放するために年老いた彼女が出るのか、孫が出るかは楽しみですが。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kouhoba.blog.fc2.com/tb.php/678-56c20d22

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

江保場狂壱(こうほば・くるち)

Author:江保場狂壱(こうほば・くるち)
ようこそいらっしゃいました。
江保場狂壱の面白いと感じたものを紹介しています。
映画や漫画、ゲームなどがありますよ。
まあ一貫してないのが難点だけどね。

カウンターショック

皆様のおかげで元気になれます。来てくれてありがとうございます。

買い物

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR