Entries

風来忍法帖

風来忍法帖  山田風太郎ベストコレクション (角川文庫)風来忍法帖 山田風太郎ベストコレクション (角川文庫)
(2011/12/22)
山田 風太郎

商品詳細を見る

この作品は分厚いです。さらに中身も濃いです。

 主人公は香具師悪源太助平と6人の物語です。彼らは忍者ではないので弱いですが個性派で固まってます。
 源太は女性にもてますが、一度抱いた女は見るのが嫌になるという変わった体質を持っています。
彼は鬱陶しい女達を平気で売ります。女達の未来などどうでもいいのです。
 その金はばくちですっからかんになるなど、彼らは金に困っているというありさまだ。

 ある日、ある姫に罵倒された源太は仕返しのために風魔忍の風魔小太郎に忍者修行をさせてもらうことになる。
 姫には小太郎子飼いの3人の忍者が護衛についている。
しかし、3人は姫を主君とは思っていない。子馬鹿にしている。そこを源太たちは突くのである。

姫と過ごすうちに彼女が夫にも裏切られるなど数奇な運命に翻弄され、源太も同情するようになった。
源太には抱いて味方につけた風魔の女忍者7人が居る。しかし、3人の風魔忍は強い。ひとり斃すのに4人くらいは犠牲になる。
オーラスを迎える頃には一気に畳み掛けるように死んで行くのだ。

 しかし源太の最後はさわやかなものだ。
 初めは気の強い姫を抱いて自分なしでは生きられないようにしようとしたが、気丈な態度で民達を引き入り、城を守ろうとする彼女が愛しくなった。
仲間はみんな死んでしまったけど、彼女を守ることができた満足した。私はそう思う。

人間の一生はいつどこで終わるかわからない。
 事故でいきなり死ぬかもしれないし、病院のベッドの上で寝たきりのまま生き続けるかもしれない。
命というのは生きた長さではなく、いかに自分が納得して死んでいくかに限る。
 現代ではただ長生きするのが美徳にされてしまい、怠慢に生きてしまう。

忍法帖シリーズは人が大勢死ぬが、みんな任務のために命を懸ける。
 命を懸けることに疑問を持たないのは洗脳だという人も居るだろう。
だがそれは自分のためだけではなく、組織や想いを守るために闘っているのだ。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kouhoba.blog.fc2.com/tb.php/671-d300fc9f

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

江保場狂壱(こうほば・くるち)

Author:江保場狂壱(こうほば・くるち)
ようこそいらっしゃいました。
江保場狂壱の面白いと感じたものを紹介しています。
映画や漫画、ゲームなどがありますよ。
まあ一貫してないのが難点だけどね。

カウンターショック

皆様のおかげで元気になれます。来てくれてありがとうございます。

買い物

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR