Entries

ゴルゴ13 九竜の首 ネタバレ注意

1977年に公開された野田幸男監督作です。さいとうたかを原作で出演は千葉真一です。

千葉ちゃん扮するゴルゴ13はかっこいいですぜ。一応アーマライトM16で狙撃します。
ゴルゴは麻薬王の狙撃を依頼される。しかし、相手はあっさり誰かに殺される。
その裏には影のボスが控えていたのであった。

ゴルゴは握手をしないなど、登場人物が説明口調で原作の設定を教えてくれます。

他には香港警察の刑事に扮する志穂美悦子さん。彼女は潜入捜査し、敵のアジトを突き止めますが、敵に捕まり拷問されます。その拷問は天井に吊るし、殴るだけの色気のないものです。彼女は最後人質にされ、撃ち殺されます。
悦ちゃんに濡れ場は禁忌なのでしょうか?悦ちゃんはジャパンアクションクラブJAC所属だから千葉ちゃんとの共演が多い。今はジャパンアクションエンターテイメントだ。

ボスはジュリー伊藤さん。友情出演は鶴田浩二さんです。ほかは外国人で吹き替えですね。
あと香港警察の刑事役の嘉倫さんがゴルゴを追い、日本に向かうのですが、妹役として新藤恵美さんが出演してます。彼女は大してストーリーに関わらず、単に顔出しな感じでした。

香港を舞台にしたアクションがすごいです。ただ会話が脈略なかったり、唐突な印象を受けるのは、尺度の関係でしょうか。

野田監督は石井輝男監督の網走番外地シリーズで助監督を勤めていた人です友情出演の鶴田さんは石井監督の花と嵐とギャングのシリーズに出ています。

この作品の前に高倉健さん出演の作品もあります。
千葉ちゃんのゴルゴは結構イメージに合うと思いました。まあ殺陣シーンではゴルゴというより千葉ちゃん空手のイメージが強かったです。でもお勧めです。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kouhoba.blog.fc2.com/tb.php/67-04104a8a

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

江保場狂壱(こうほば・くるち)

Author:江保場狂壱(こうほば・くるち)
ようこそいらっしゃいました。
江保場狂壱の面白いと感じたものを紹介しています。
映画や漫画、ゲームなどがありますよ。
まあ一貫してないのが難点だけどね。

カウンターショック

皆様のおかげで元気になれます。来てくれてありがとうございます。

買い物

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR