Entries

ハーレムミストレス 人妻と義母と義理の妹は俺が守るぜ!!

ハーレムミストレス (二次元ドリーム文庫 174)ハーレムミストレス (二次元ドリーム文庫 174)
(2010/12/17)
竹内けん

商品詳細を見る


 サブリナ・オルシーニ二重王国が成立して間もない時期の話だ。 シャドウではオルシーニ派の話だったが、ミストレスはサブリナ派の話です。主人公はサブリナのユージン領の当主の次男坊ランディだ。 先生のコメントによれば勧善懲悪のドラマだと、悪の首魁の手下だが、彼らにも家族がいるというテーマがあるそうだ。

 ヒロインのユリシカは最初は貴族の娘として振舞ってきたが、夫は戦争で一年以上もるす。欲求不満が溜まり痴女へ変貌するさまがいい。清楚な女性が裸で馬に乗るとか変態になっていく。アナルを望むのはシスターのユーフォリアのようだ。聖女はアソコの性交はだめだが、肛門は許されるらしい。

 義母のヘルミオネは風呂場でランディを手コキし、あとは内緒でセクースに明け暮れる。
 義妹のディーヴァはキャッスルのキャロルのように無垢だが、ユリシカに扇動されてランディに奉仕したりとエロい。背徳感がある。何も知らない無垢な身体を改造する、なんとなくななこSOSの愛のロリータを思い出した。例の条約は漫画やアニメを規制するけど小説は対象外らしい。あくまで噂だが。

 最後のシェリエラはおまけっぽい。女王汚辱以来十年ぶりの出演と言える。挿絵はないけどね。

 ミストレスは人妻と義母と義妹の背徳的なエッチが楽しめる作品だ。ハーレムシリーズでは今まで未亡人の女性はいても、人妻がいなかった。まあ、ランディの兄は従者の騎士と駆け落ちしてしまったが。十分寝取りになるだろう。
 シェリエラの場合、セリューンとのセックスは遊びだと思うので、寝取ったと言うイメージではないですね。

 でランディの実家はというとサブリナ王国を建設したロンドバルドの腹心で、反サブリナ派の豪族五十人を甘言をもって誘い出し、一度に誘殺したそうだ。そのせいかランディの家系図はほとんどが戦死らしい。それに当主が戦争に行っているので家計が逼迫しているらしい。日本の武士も同じでえらくなればなるほど貧乏になるらしい。徳川幕府の場合、権力のある物には禄を多く与えなかったという。

 ユリシカはオルシーニ派のレイモン将軍だ。彼はのちに百日戦争で戦死する。いろいろネタが入っているのでうれしいが、もっとも大事なのはユリシカとのエッチだ。アソコを責められないもどかしさを楽しむのが吉だ。
 なんとなくだが表紙のユリシカがセキレイの風花に似ている気がする。イメージカラーも紫だし、黒い長髪だしね。胸も大きいし。あとユリシカの名前が弓の名手である百合若に似ているのも気のせいだろうか?ユリシカ自身鹿狩りの名人だし。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kouhoba.blog.fc2.com/tb.php/660-b88401d4

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

江保場狂壱(こうほば・くるち)

Author:江保場狂壱(こうほば・くるち)
ようこそいらっしゃいました。
江保場狂壱の面白いと感じたものを紹介しています。
映画や漫画、ゲームなどがありますよ。
まあ一貫してないのが難点だけどね。

カウンターショック

皆様のおかげで元気になれます。来てくれてありがとうございます。

買い物

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR