Entries

ハーレムジェネシス ショタ乳母が男装騎士に嫉妬しまくる話です

ハーレムジェネシス (二次元ドリーム文庫 164)ハーレムジェネシス (二次元ドリーム文庫 164)
(2010/08/10)
竹内けん

商品詳細を見る


 今回のハーレムはドモス王国のクラナリア地方が舞台だ。主人公は王太子のアレックスである。

 ロレントとアンサンドラの息子である。キャラバンのアレステリアは姉だったようだ。公式にも異母兄弟に兄が三人いるらしく、もっとも有力なのがドモスのナジャの息子ロシェだ。

 しかし、ジェネシスの真の主役はフランギースだと思う。乳母の立場、アレックスが大好きで仕方がなく、初体験でもいろいろ画策している人だ。一歩間違えたら変態になってしまうのが玉に瑕だが。
ドモスの選りすぐりの処女姫を集め、初体験させるなど常軌が逸脱しているのはご愛嬌か。弟のスペンサーの漫才がいいね。この作品で一番の苦労人だけど。男で主人公と同年代で生き残ったのは彼くらいだと思うな。

 アレックスとマンセルが衆道するのは予想通り。マンセルは一応仰々しい鎧を着て、仮面をつけて正体を隠しているが、女騎士のマチルダである。実際アレックスは正体に気づいており、口でさせたり、後ろの穴を責めて楽しんでいた。マチルダの正体に気づかないのはフランギースのみ。ナウシアカの姫ユーディや、弟のスペンサーでも気づいているのに。それに気づかない煩悶するフランギースがいい。

 アンサンドラは祖国のクラナリアを滅ぼした血塗られた毒婦と呼ばれているが、息子を立てる気持ちは強い。フランギースもロレントに近いロシェより、大国を運用できるアレックスに跡を継がせたかった。アレックス自身も気弱には見えるが、王太子として育てられてきたのだ。ただのおぼっちゃまではない。ただ女性の扱いに困っているだけだ。 同じく姉のアレステリアは清楚なお姫様だ。二人は母親似だろう。フランギースの性教育が間違っていなければ漁食家になれたはずだと思う。 フレイア攻略はアレックスの箔をつけるためのものだ。十年ぶりに他国を征服したことになる。

 シスターの主人公ヒルクルスがきっちり登場したのは、ジェネシスが初めてだ。ジェネラルが先かもしれないが、単行本としてはこちらが先だ。フレイア攻略に十年つきっきりだったようだ。 しかしヒルクルスの扱いがひどい。フランギースに小指で足を踏まれるし、散々だ。もっとも士気を高めるための演出であり、アレックスがフレイヤ総督を任せると言っている。もちろん、お目付け役をつけるのは忘れない。 だがアレックスたちにへこへこしているヒルクルスを見ていると、シスターとくらべて我慢強くなったと思う。彼も成長しているのですね。 グレイセンは見えなかったが、どこにいるのだろうか。

 ラストはフランギースの乱れっぷりがすごい。キャッスルのルイーズがフィリックスに愛情を注ぐ姿と似ている。 あとイラストは彼女とマチルダ、ユーディだけだ。他の女性は描かれていない。この点が惜しいかな。

 他にキャラバンのオルフィオやアレステリア、エレウカなどいろんな名前が出ている。なかなか面白かった。
しかしフランギースが用意したユーディを始めとした女性たちのほうが印象的だった。将軍たちよりもね。

 二〇一三年に発売されたメガミクライシスではジェネシスのキャラがゲスト出演している。マチルダはまだマンセルになる前で、ドリーリアはマチルダの尻だけを攻めている。整合性を持たせようとする心遣いがうれしい。

 あとはユーディが出てもおかしくないが、その他のアレックスの愛人は出演は無理だろう。絵がないから。男キャラのスペンサーすら出なかったし。マチルダの衣装はジェネシスには出てなかったので、神保玉蘭先生のオリジナルだろうか。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kouhoba.blog.fc2.com/tb.php/655-47c6106f

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

江保場狂壱(こうほば・くるち)

Author:江保場狂壱(こうほば・くるち)
ようこそいらっしゃいました。
江保場狂壱の面白いと感じたものを紹介しています。
映画や漫画、ゲームなどがありますよ。
まあ一貫してないのが難点だけどね。

カウンターショック

皆様のおかげで元気になれます。来てくれてありがとうございます。

買い物

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR