Entries

ハーレムキャッスルの漫画

 闘神艶戯で掲載され、名前だけ替えたメガミクライシスに連載されていました。時丸佳久先生が担当していました。 

こちらはオマケが手に入らなかった。おまけのある店はどの店にも売ってなかった。こちらだけがブルーだ・・・・・・。キャッスルの漫画って売れているのだろうか。密林では33位だったけど。

 単行本としてまとまっているのでおさらいすることにする。

 一話。グロリアーナとピンで楽しんでます。時丸先生の癖なのかフィリックスが幼く見える。

 二話。ウルスラとルイーズと3Pです。実は二人だけの共演はなかったので意外だった。ルイーズのメガネは漫画オリジナルだが漫画ではディフォになった。

 二・五話。公式ガイドブックに掲載されてました。乳首は出ても本番はしなかったのは成人指定ではないからか?

 三話。サーシャとキャロルとのプレイ。きっちり本番したのはサーシャだけ。

 四話。マガリとコーネリアが参加してハーレム状態。本番はコーネリアだけだった。

 五話。ディアーネとウルスラ、キャロルとのプレイ。ディアーネはぴんがほとんどだったのでこちらも新鮮だった。でもキャロルの出演率が結構高い。

 六話。シャクティとマガリの3P.特にシャクティがフィリックスに尻を責められたのは興奮した。

 七話。フィリックスの女装にグロリアーナとルイーズが大喜び。時丸先生もショタを描いて反省してない。でもコーネリアはなぜマガリを脱がしたのだろうか。不明だ。

 八話。ウルスラとのピン。インテグラが登場したが数コマだけ。出るのが少し早ければ出番は増えたかも。そういった点ではインテグラは不遇といえる。
 
 九話。全員でプレイ。俺たちの戦いはこれからだ!!

 カバーの下は四コマ漫画が描かれていた。さすがに単行本になって一月くらいしか経っていないのでおまけは少ないが、それでも四コマはよかった。竹内先生は時丸先生をロリコン呼ばわりしているが、そう思われても仕方ない気がする。

 でもキャッスルってなんで闘神艶戯で連載されたんだろうか。やっぱり掲載されている本には合わない気がする。一応気高きウルスラがフィリックスにメロメロになっているからか?あくまで漫画であり、時丸先生のオリジナルが強いから、原作とは別物と考えるべきですね。
ハーレムキャッスル The Beautiful Days (二次元ドリームコミックス 258)ハーレムキャッスル The Beautiful Days (二次元ドリームコミックス 258)
(2011/12/14)
時丸佳久

商品詳細を見る
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kouhoba.blog.fc2.com/tb.php/616-ce75521d

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

江保場狂壱(こうほば・くるち)

Author:江保場狂壱(こうほば・くるち)
ようこそいらっしゃいました。
江保場狂壱の面白いと感じたものを紹介しています。
映画や漫画、ゲームなどがありますよ。
まあ一貫してないのが難点だけどね。

カウンターショック

皆様のおかげで元気になれます。来てくれてありがとうございます。

買い物

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR