Entries

愛染恭子の未亡人下宿

 一九八四年に公開された山本晋也監督作です。山本晋也氏といえば私はテレビでよく見ていた時期がありました。
 欽ちゃんの仮装大賞で審査員を務めてました。山本監督自身ピンク映画をよく撮っていたそうです。
 よくお茶の間のテレビに出れたものだといまさらながら驚きです。いや、監督だからいいのか。

 愛染恭子ことかつは未亡人で下宿を経営していた。
 夫に死に別れていますが、操を守るつもりはなく、下宿を出る学生たちに筆おろしをしてあげます。
 そんな下宿では尾崎(桜金造)やヒロシ(モト冬樹)といった老け顔の大学生がごろごりいます。
 ちなみに桜金造は男もいけるバイセクシャルです。

 ヒロシは煙草屋のミドリ(城源寺くるみ)に恋をしているが、彼女は佐藤(佐藤恒治)とやっちゃってます。
 佐藤は孝行息子で父親(野上正義)に仕送りしていた。もっともそれは真っ当な仕事ではなく、いかがわしいものだった。
 それが尾崎にばれ、父親に暴露された。その後オカマになってしまった。

 下宿の鈴木(鈴木幸嗣)がストリッパーのマリアンヌ(朝吹ケイト)に毛じらみをうつしてしまう。
 ヤクザの九十九一が代わりにかつに出てくれと頼む。かつは舞台に上がり、男と寝た。

 ゲストにたこ八郎が警察官、なぎら健壱が八百屋、大竹まことが肉屋を演じ、立川談志とタモリが銭湯の三助を演じた。
 あとはなぜか所ジョージが覗きをして、コント赤信号がストリップの前座でコントをしてた。
 ロマンポルノでここまで集めるのはすごすぎるが、所さんと、コント赤信号は物語にあまりかかわってない。

 なんというか女優がわざとらしいあえぎを出すのであまりエロさを感じなかった。
 一番存在感が大きかったのは愛染恭子さんくらいか。ロマンポルノと言えば女優が命ですからね。
 正直タモリが出ても肝心の女優が目立たなければ意味がない。城源寺くるみさんは甘ったるい声でかわいかったです。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kouhoba.blog.fc2.com/tb.php/598-300d6b82

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

江保場狂壱(こうほば・くるち)

Author:江保場狂壱(こうほば・くるち)
ようこそいらっしゃいました。
江保場狂壱の面白いと感じたものを紹介しています。
映画や漫画、ゲームなどがありますよ。
まあ一貫してないのが難点だけどね。

カウンターショック

皆様のおかげで元気になれます。来てくれてありがとうございます。

買い物

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR