Entries

野獣の青春

一九六三年に日活で公開された大藪晴彦原作の鈴木清順監督作です。

 すっきりしている構成で観やすかったです。鈴木監督はムラのある人なのだろうか。それとも大藪先生の原作ありきなのか。

 宍戸錠は元刑事で竹下(木島一郎)に面倒を見てもらった。そんな彼がコールガールと無理心中したというのだ。宍戸錠は竹下のため、残された奥さんくみ子(渡辺美佐子)のために野本(小林昭二)や小野寺(信欣三)の組織に入り込み、めちゃくちゃに引っ掻き回すのである。

 日活アクションでは小林旭のような流れ者が、浅丘ルリ子のような清純な女性の味方をするのが多いが、鈴木監督は女性に裏表の顔を見せている。それゆえに鈴木監督が日活では異質に思えてきた。観客は日活のお約束を悉く覆されるので好き嫌いが多そうだ。

 川地民夫がオカマとして登場しており、彼の存在が最後を締めくくるのは驚いた。意外性と整合性でまとまった作品だと思った。それゆえに殺しの烙印は不可解である。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kouhoba.blog.fc2.com/tb.php/592-2a97ce6b

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

江保場狂壱(こうほば・くるち)

Author:江保場狂壱(こうほば・くるち)
ようこそいらっしゃいました。
江保場狂壱の面白いと感じたものを紹介しています。
映画や漫画、ゲームなどがありますよ。
まあ一貫してないのが難点だけどね。

カウンターショック

皆様のおかげで元気になれます。来てくれてありがとうございます。

買い物

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR