Entries

昼下がりの女 挑発!!

 一九七九年に公開された斉藤信幸監督作です。

 歯科医の人妻由紀(八城夏子)は子供を産みたくないと駄々をこね、家出した。
途中剛次(関川慎二)と出会った。鶏肉嫌い、あれが嫌いとかなり好みが激しい男であった。
 剛次はホモであった。友人の健(鶴岡修)は早苗(日向明子)という婚約者を押し付けられた。

 由紀は地元の若者に目を付けられた。
 頭が悪そうなアベックヨーコ(深沢ゆみ)と宏(佐藤昇)に車を奪われるが、若者らに襲撃され、宏は殺された。
 展開があんまりすぎると思いましたね。

 剛次はドライブインの主人に犯された。地元の警官も妻に逃げられたために頭がおかしくなったようだ。
 この世界にはまともな人間がいないようです。
 映画とはいえ、すさまじいと思いましたよ。

 やたらとバイオレンスがすごい作品であった。レイプに次ぐレイプ、暴力に次ぐ暴力。
 歯科医の人妻が非日常に巻き込まれる過程が描かれている。男はホモだが直接描写は描かれないのは当然か。
 七〇年代でもホモを描けたのだと感心しました。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kouhoba.blog.fc2.com/tb.php/591-b2c32409

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

江保場狂壱(こうほば・くるち)

Author:江保場狂壱(こうほば・くるち)
ようこそいらっしゃいました。
江保場狂壱の面白いと感じたものを紹介しています。
映画や漫画、ゲームなどがありますよ。
まあ一貫してないのが難点だけどね。

カウンターショック

皆様のおかげで元気になれます。来てくれてありがとうございます。

買い物

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR