Entries

団鬼六 花嫁人形

 一九七九年に公開された藤井克彦監督作です。

 題名の花嫁人形ですが、同じ題名の歌があります。作中でもその花嫁人形を歌うシーンがあります。
 はなよめごりょうがなくのは、縛られたからだと思いました。
 そんなわけないね。

 理恵(倉吉朝子)は曽根崎(宇南山宏)に金で雇われて、SMプレイをしていた。
 曽根崎は理恵に花嫁衣装を着せて縛ることが好きだった。
 でもいちいち衣装を着せるのは面倒だし、大変だと思います。女優も苦労してますね。

 理恵に想いを寄せる男がふたりいる。ひとりは曽根崎を紹介した村崎(草薙良一)でバーのマスター。
 もう一人は江崎(中原潤)で、理恵のいる部屋を眺め、カーテンの中を妄想していた危ない男であった。
 こういう危ない男が物語に絡まないと面白くない。普通の人だけでは物語の刺激にならないのです。

 理恵は何をしたいか不明だ。
 曽根崎のねちっこい変態プレイに嫌気がさしているように見えて、解放されたら不満をあらわにしている。
 わがままだと思った。自分のしたい物を探している感じがしました。

 団鬼六先生は美女を無理やり誘拐し、調教するのが好きと思われているが、それは花と蛇の印象が強いためであろう。
 やり手のサラリーマンである曽根崎が心の安定を求めるためにSMプレイを楽しむ。
 しかし江崎はストーカーの発想か、曽根崎の奥さん(志麻いづみ)を誘拐し、調教してしまう。
 理恵と交換しても肝心の理恵は江崎に心を開かないし、村崎に殴られた。

 関係ないが回想シーンではなぜか時代劇っぽい風景で襲われたり、磔になったりと抽象的なシーンが多い。
 あと女優の独白が目立った。しゃべりより絵で見せてほしかった。
 理恵役の倉吉さんは新人なので甘かった。別の作品ではどうなのか楽しみである。

スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kouhoba.blog.fc2.com/tb.php/579-28797224

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

江保場狂壱(こうほば・くるち)

Author:江保場狂壱(こうほば・くるち)
ようこそいらっしゃいました。
江保場狂壱の面白いと感じたものを紹介しています。
映画や漫画、ゲームなどがありますよ。
まあ一貫してないのが難点だけどね。

カウンターショック

皆様のおかげで元気になれます。来てくれてありがとうございます。

買い物

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR