Entries

ハーレムシスター ドキ! 女だらけの修道院に王子様が迷い込む

 主人公のヒルクルスはキャッスルで謀反を起こしたヒルメデスの息子だ。シスターではヒルクルスが実質のクーデターの主導者になっている。ヒルクルスの場合具体的な政策があるわけではなく、権力を横取りされたために腹を立てて謀反を起こした感じがする。クーデターを起こしたリカルドと比べるとその差は歴然だ。フィリックスが王太子になったが暗殺なりなんなり国民に被害がない方法を選ぶべきだった。なのに速攻で謀反を起こしたから短気にもほどがある。

 もっともヒルメデスは息子のずさんな計画でも、その空白を利用できたから軍略の才はあるでしょう。もっとも火事の隙を狙っただけだからね。フィリックスとの遊びはある種の賭けで、フィリックスを討ち取るか、それとも自分が討たれるかを期待していたかも。そしてその非はすべて父親がかぶっている。たとえ後付設定にしてもね。

 確かにドモスや二重王国、ラルフィント王国も内部改革が行われているだろう。しかしそんなの王子でしかないヒルクルスには関係ない。誰もがドモスのような覇国になりたいと思わないだろう。自身も浅はかだと思っているが、父親の気持ちを考えていないからまったくその通りだ。人の気持ちが理解できない彼に覇王になれるとは思えない。

 確実なのはヒルクルスは謀反を起こして失敗した。ヒルメデスも死んだ。これは変えられない事実だ。そして関係を持った女たちを置いていく。正直ハーレムシリーズで蛇蝎のごとく嫌われているのは無責任かつ誇大妄想の塊だからだろう。事実ヒルクルスは長年僚友ではなく主君の嫡子と仰がれていたにもかかわらず次々と裏切り者脱落者をだしてます。

 フィリックスと違い、関係した女の数は多いが、名無しでさらに大勢と関係したと書いてあっても意味がない。その他大勢では感情移入もしづらい。パイレーツのリカルドも同じだが、彼は関係した海軍や海賊を養うためにクーデターを起こしている。責任を取ってないのは現時点ではヒルクルスだ。ヒルクルスが置いていった女性陣を守るために出て行ったのならわかるが、それもない。

 フィリックスに対して恨みを抱いているが、フィリックスは無理やり王太子にされた。本人は王太子の生活を満喫しているわけではないのに、敵愾心をむき出しにしている。
 フィリックスと話し合っていれば彼の気持ちを知ることができただろうに。相手を知る努力をしようとしてない。

 女性陣といえばシギンはヒルクルスの中身というより王子様の肩書に惹かれているし、グレイセンは父親の関係もあるが、一生僧兵でいるよりヒルクルスとくっついて旅したいと思っている。ヴェルヴェットはひさしぶりの男で内心喜んでいた。ユーフォリアは巫女長だが基本的に世間知らずだ。清楚なお嬢様が不良に魅了された感じだ。聖女なのに淫女だからあまり好かれていない。

 行儀見習いのために来たのに、落ち武者王子に処女を奪われたのだ。親御はヒルクルスに恨みを抱くに違いない。もっとも先生の事だからさらっと流されるだろうな。あくまでハーレムが主流だから。

 もっとも絵師の神保玉蘭先生に罪はないですが。それにシスターが好きでもヒルクルスが大好きってわけではなく、話の内容として好きな人がほとんどでしょう。みんながみんなハーレムシリーズを定期的に買ってるわけじゃないし。
ハーレムシスター (二次元ドリーム文庫)ハーレムシスター (二次元ドリーム文庫)
(2007/08)
竹内 けん

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメント

[C383] どうもこんばんは

 『シスター』は異色作だと個人的に思っています。この頃の作品としてはドラマ性が薄いですがラストがよかったです。ハーレムを捨てて旅立つラストがウルスラに挑発された後だけに余計に印象に残っています。

 私はヒルクルス結構好きです。『黄金竜』ではうまく描けなかったロレントの「女より野心」という人物類型を先生がやっとモノにしたと感じました。とはいえ仰るとおり覇王の器ではありませんね。覇王どころか人の上に立つのも向いていない気がします。仰るとおり人心掌握ができなさそうです。

 ヒルクルスは先生のお気に入りなのかなと思うことがあります。シリーズの出演回数はヒルクルスが一番多いんじゃないでしょうか。ただそれが度が過ぎるところがあってヒルクルスに罪はないですが「もう勘弁してくれ」と辟易します。

 ヒロインではユーフォリアが一番好きでした。じょじょに堕ちていく感じがよかったです。長文失礼しました。
  • 2018-06-13 23:49
  • ハーレムシリーズ好き
  • URL
  • 編集

[C384] そうですね

 ヒルクルスのようなキャラは、数多くあるハーレムシリーズでも異色だと思います。
 同じ国でも思想が一緒とは限らない典型でしたね。

 ヒルクルスは亡国したので使いやすいのでしょう。ただ彼がシリーズの主役ではなく、ゲスト出演という意味ですが。

 ユーフォリアも好きです。世間知らずな彼女が、激しくなる様はよかった。
  • 2018-06-14 18:07
  • 江保場狂壱
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kouhoba.blog.fc2.com/tb.php/575-b4d90596
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

江保場狂壱(こうほば・くるち)

Author:江保場狂壱(こうほば・くるち)
ようこそいらっしゃいました。
江保場狂壱の面白いと感じたものを紹介しています。
映画や漫画、ゲームなどがありますよ。
まあ一貫してないのが難点だけどね。

最新記事

カウンターショック

皆様のおかげで元気になれます。来てくれてありがとうございます。

買い物

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR