Entries

OL縄奴隷

 一九八一年に公開された藤井克彦監督作です。原作はもちろん団鬼六先生です。
 ただ団鬼六らしさが薄い気がしましたね。

 銀行員である君代(麻吹淳子)は課長の岡崎(石崎雄大)と不倫関係だった。
 ある日従妹の由美子(山地美貴)が上京してきてレストランで食事している。
 それをクリーニング店の店員である幹夫(島和廣)が見つめていた。
 幹夫は以前君代の下着を盗んでおり、君代は幹夫を忌み嫌っていた。

 幹夫には悪友がおり、その悪友は童話作家である先生のもとでSMを楽しんでいた。
 童話作家なのにSMが趣味なのかよ!! と突っ込みたくなるだろうが気にしちゃダメだ。
 むしろSMは健全な精神を育む神聖な行為なのである。根拠はないが。

 岡崎の妻菊子(小川亜紗美)に子供ができたので、一方的に別れを告げられた君代は幹夫に誘拐される。
 そして縄で縛られた。由美子も呼び出され、調教される。のちに解放された。
 一生奴隷にはできないのか、残念です。この辺りは花と蛇の野島姉妹に似ている。

 君代は復讐のために幹夫たちに協力してもらい、岡崎と菊子を捕らえ、調教する。
 調教された女が別の女を調教する側に回る。怖いネ。ただセックルするだけだから物足りなかったかも。
 どうにも迫力が欠けていましたね。

 全編君代の日記の朗読で盛り上がってます。脚本は鈴木則文監督でしたので、ちょいと違いますね。
 そもそも脚本がどれだけ影響しているかよくわかっていない。
 鈴木監督はロマンポルノに慣れていなかったからだろうか?
団鬼六 OL縄奴隷 [DVD]団鬼六 OL縄奴隷 [DVD]
(2012/05/02)
麻吹淳子、山地美貴 他

商品詳細を見る
 
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kouhoba.blog.fc2.com/tb.php/569-6e353b7f

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

江保場狂壱(こうほば・くるち)

Author:江保場狂壱(こうほば・くるち)
ようこそいらっしゃいました。
江保場狂壱の面白いと感じたものを紹介しています。
映画や漫画、ゲームなどがありますよ。
まあ一貫してないのが難点だけどね。

カウンターショック

皆様のおかげで元気になれます。来てくれてありがとうございます。

買い物

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR