Entries

ネギまの登場人物出席番号11番 釘宮円

 釘宮円はショートカットの黒髪の女生徒だ。椎名桜子と柿崎美沙でつるむことが多い。
 二人と比べて控えめな性格だが、あくまで二人と比べてですが。
 単品で活躍することがないのが特徴的なんですよね。 

 あまり魔法関係の事件に関わることがない。巻き込まれることは多いが、魔法を知ることはなかった。
 というか能天気な彼女たちは魔法すら認識することはなかったのである。
 当時の女子中学生なノリで何も考えていない感じでしたね。

 麻帆良祭では前記のふたりと和泉亜子の4名で、でこぴんロケットというバンドを組んだ。
 亜子の背中の傷に気遣いを見せたので、そこそこ優しい性格。
 ただ年齢詐称薬で大人になった犬上小太郎に一目ぼれしたが、魔法世界編が終了後にやっと気づいた。

 第一話では超鈴音にくぎみーと呼ばれていたが、本人はそのあだ名が嫌なようだ。
 のちに声優の釘宮理恵さんが月読役で出演しますが、どうだろうか。
 彼女もくぎみーというあだ名を嫌っていたかは不明である。

 魔法世界では閑話以外出てこなかったが、最後の方で関わった。もっともその時は魔法を認識していなかったが。
 まあまったく出番なしというわけではなかったからマシといえよう。

 三人セットの場合が多かったので、モブキャラを抜け出せないキャラだった。
 おそらく赤松先生も絡ませ方を悩んでいたに違いあるまい。
 31人の女子生徒を出しても活躍させられなければ意味がなかったのでした。

 配役は出口茉実さん。ネギまでデヴューしたが、それ以外聴いたことがない。
 声のクラスメイトでは素人の棒喋りだったが、映画までくるとうまくなっていた。
 しかしくぎみーの呪いに囚われたと言っても過言ではないだろう。

 UQではセリフが一言だけだがまだましなほうであった。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kouhoba.blog.fc2.com/tb.php/548-684d121a

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

江保場狂壱(こうほば・くるち)

Author:江保場狂壱(こうほば・くるち)
ようこそいらっしゃいました。
江保場狂壱の面白いと感じたものを紹介しています。
映画や漫画、ゲームなどがありますよ。
まあ一貫してないのが難点だけどね。

カウンターショック

皆様のおかげで元気になれます。来てくれてありがとうございます。

買い物

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR