Entries

黒い傷あとのブルース

一九六一年に日活で公開された野村孝監督作です。

 冒頭で小林旭があるレストランの前に立っている。

 五年前、落ち目の勢力を挽回しようとあせって堤組の組長(松本染升)が、小牧(大坂志郎)のもってきた密輸の取り引きに手を出した。
 組員の渡(小林旭)が組長に内緒で小牧と取引する。
 その取り引き現場を何者かに襲われて取引相手は死に、渡は拳銃を所持していたとして警察に捕えられた。

 五年経って刑務所を出た彼は小牧を探そうとしている。あの事件は小牧の仕組んだ芝居とにらんだからだ。
 昔なじみの場所をあたったが、小牧の行方はつかめない。
 知人の喫茶店のマスター木村(稲葉義男)は渡の身を案じ、復讐はやめて船に乗れと薦める。しかし渡は納得できない。

 組長の妻たか(東恵美子)は組を解散して貧しい暮らしをしていた。
 弟分の丈二(郷英治)は組がつぶれたのは渡のせいだと殴りかかるが、事情を知ると手を貸してくれた。

 丈二に案内されたレストランで、冒頭で電車内で知り合った清純なバレリーナ洋子(吉永小百合)と再会した。
 最初はイニシャル同士で呼び合った。渡は偶然バスに乗ってて、小牧を発見。
 小牧がスーパー・マーケットを経営しているのを知った。彼は小牧に五百万円を要求した。
 堤の遺族のためである。そこで洋子と再会するが彼女は意外にも小牧の一人娘だった。

 渡は洋子を遊園地に誘う。小牧のことを聞くが、母親は洋子を生んですぐに亡くなったという。
 そして貧しい暮らしをしており、五年前に小牧に呼び戻され、マーケットを経営したという。

 堤組の縄張りを奪ったクラブ“ブルー・ムーン"の社長茂原(神山滋)の名がマーケットの登記書にあることを調べた渡。
 黒幕が茂原であり、堤組をつぶした小牧と共謀して事件をたくらんだことを知った。

 小牧は洋子が渡に恋をしていると思い、離そうとするが洋子はきかない。
 渡も小牧は憎いが洋子を不幸にしたくないので突き放す。
 渡は小牧に呼ばれ、発掘場に来たが、小牧は渡を殺そうとした。そこに茂原の部下たちが襲撃してくる。渡は傷を負った。

 洋子は、父の秘密を知り、父に無断で五百万円を渡に届けた。
 本当は小牧からもらわないと意味がないが、丈二に説得される。
 金をたかに渡そうとしたが、たかは受け取らない。そして物語は佳境へと進んでいく…。

 渡り鳥シリーズだとふらっとやってきたマイトガイが事件に巻き込まれた弱者を救うために戦ってました。
 今回は復讐をメインにしております。渡り鳥シリーズでは明るかったですが、今作は少し翳りのある役柄でした。
 吉永さんは電光石火の男ではまだ幼い感じでしたが、一年も経つと大人っぽくなってましたね。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kouhoba.blog.fc2.com/tb.php/520-dd172d2f

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

江保場狂壱(こうほば・くるち)

Author:江保場狂壱(こうほば・くるち)
ようこそいらっしゃいました。
江保場狂壱の面白いと感じたものを紹介しています。
映画や漫画、ゲームなどがありますよ。
まあ一貫してないのが難点だけどね。

カウンターショック

皆様のおかげで元気になれます。来てくれてありがとうございます。

買い物

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR