Entries

海を渡る波止場の風

一九六〇年に日活で公開された山崎徳次郎監督作です。

 奄美大島の復興資金五千万円を積んだセナス機が鹿児島上空から墜落した。
 しかし機の残骸からは金も操縦士野村光彦(青山恭二)の死体も発見されなかった。
 光彦の許婚者の塚越尚子(浅丘ルリ子)は貿易会社の社長である父大作(山内明)と鹿児島に同行したが気分は晴れなかった。

 桜島で事件現場に赴く尚子は与太者に襲われるがそれを追い払った奥山五郎(宍戸錠)に襲われた。
 五郎の手から尚子を救ったのは流れ者の野村浩次(小林旭)だった。

 キャバレー「エメラルド」で山田(武藤章生)が支配人の松川(河野弘)に詰め寄るが、子分たちに袋にされるそれを浩次が助けた。 山田からは松川は昔世話になった指宿にある丸松回漕店の船を乗っ取ろうと暴力をうけていた。
 キャバレーに何故船が必要か、浩次の目は光った。

 キャバレーには五郎を追って来たダンサーみどり(白木マリ)が踊り子として自分をマダムのラン子(南風夕子)に売り込んだ。
 松川はみどりが気に入り、彼女を雇うことにした。浩次は五郎と協力することになった。五郎と五千万円の行先を探し始めた。
 二人の疑惑は墜落事件後羽ぶりのよくなった松川に向けられた。

 五郎は金庫破りの名人で松川とは相棒だった。それをネタにキャバレーに居座る五郎を快く思わない。
 金庫にダイナマイトを仕掛け金庫を開けたものを殺す計画を立てた。

 「エメラルド」の地下室には麻薬患者となった光彦が監禁されていた。
 そして、光彦の打つ無電に応答するのは鹿児島を麻薬中継基地にしようと企らむボス、尚子の父大作だった。
 五郎は金庫を開けるが金庫が大爆発し、松川の部下だったサブ(高田保)が死んだが、他に死体はなかった。

 松川の部下たちは取引き用の船を丸松(深見泰三)から奪う。
 船を買い戻すために三百万円を大作から借りた丸松の主人は帰途、何者かに襲われた。
 浩次は丸松を救うと、乗っ取りの張本人が塚越であることを見抜いた。
 浩次は尚子に光彦が生きていること、そして自分は光彦の兄だと教えた。

 ラン子の作った新しいキャバレーではみんな仮面をつけていた。浩次は乗り込むが、山田たちが襲撃してきた。
 いち早く危険を察して機帆船に乗り込んだ。一味は屋久島に向うべく出航準備を急ぐが出発寸前、浩次と五郎が乗り込んだ。
 機関室では光彦が禁断状態に苦しみ、兄の姿も分らない有様だった。松川は大作を裏切ろうとしたが、浩次に撃たれる。
 そして……。

 マドンナの父親が実はボスというのは珍しかった。宍戸錠さんも普段は二つ名を持っていたが今回はなかった。
 あと浩次は丸松関係者とあんまり関わらないので悲壮感がなかった。マイトガイのズンドコ節など魅力のある作品でした。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kouhoba.blog.fc2.com/tb.php/518-db880b31

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

江保場狂壱(こうほば・くるち)

Author:江保場狂壱(こうほば・くるち)
ようこそいらっしゃいました。
江保場狂壱の面白いと感じたものを紹介しています。
映画や漫画、ゲームなどがありますよ。
まあ一貫してないのが難点だけどね。

カウンターショック

皆様のおかげで元気になれます。来てくれてありがとうございます。

買い物

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR