Entries

銀蝶渡り鳥

 一九七二年に東映で公開された山口和彦監督作です。梶芽衣子さんの東映出演第一作品です。
でもやってることは暴力の嵐。梶さんは会社を移ろうとも強い女性を演じることになっていた。
 刑務所を出所したナミ(梶芽衣子)は、父の昔の仲間で今はビリヤード屋を経営している原田(田中春夫)を頼ってきた。

 ビリヤード屋に出入りしているホステスのスカウト屋東隆次(渡瀬恒彦)から、小枝子(青柳小枝子)の居場所を知る。
 彼女はナミの刑を軽くしてくれるよう嘆願書を書いてくれたのだ。
 だがママをしていたバアを暴力団大和田興業に取られてしまった。
 親友の佳代(小山明子)がママをしているブロンコで働いているということを知った。
 あと電車で知った紳之助(梅宮辰夫)が隆次のアニキ分であり、佳代の恋人でもあった。

 ナミは、クラブブロンコのホステスとして勤めるようになった。
 心臓を患い子供を育てていることを知り、契約金や給料のほとんどを、名を告げずに隆次から小枝子に届けて貰った。
 こういう何気ない優しさが素敵ですね。もっとも罪の償いの点があります。

 店で働き、ツケ代を踏み倒す客から金を回収するナミが素敵です。
 由利徹のときはやけに甘い声を上げる梶さんが印象的だった。
 しかし昔のムショ仲間である、とめ(園佳也子)のせいでムショ帰りがばれた。
 同僚に白い眼で見られるが佳代はそんな彼女を慰めるのだった。

 かつてナミは不良グループの女番長として顔を売っていた。
 仲間の仕返しのため小枝子の夫であるヤクザの矢島(亀山達矢)を殺してしまう。
 だが矢島の死体にすがって泣く小枝子と子供の姿が脳裏に焼きついて離れなかったのだ。
 小枝子も贖罪のために金を送るナミを許していた。

 ブロンコ乗っ取りを企む大和田(南原宏治)は、佳代が金貸しから貸りていた五百万の金を肩代りした。
 大和田はブロンコに対し五日間の期限をもうけて返済を迫る。
 ブロンコの土地は三千万近い値があるらしく、大和田は安く買いたたこうとしているようだ。

 佳代の恩を返すためにナミは原田に相談を持ちかけた。
 ナミの玉突きの腕を高いようで原田は大和田に、ナミが勝てば借金の五百万を返済できる。
 大和田が勝てば原田の店と土地を賭けた勝負を申し込んだ。

  中盤は撞球、ビリアード勝負で緊張感があったが、最後はああ、やっぱりかと暴力沙汰。
 山口監督にしては血糊の量が少ない作品でした。
 梶さんは着物を着たり、洋服を着たりとめまぐるしく衣装を変えています。
 着物を着るなら修羅雪姫みたいに一貫してほしいですね。
 もっともビリアード勝負では梶さんのスカートの短さにどきどきでした。

 あとなぜか五木ひろしも出演して歌を歌っていました。話題作りでしょうか。
 今も昔も作中には関係ない有名人を出演させるのは変わりないですね。
 梶芽衣子さんの美しさを堪能できるからどうでもいいですが。
 大事なのはカメオ出演者ではなく、主役の梶さんですよ。
銀蝶渡り鳥【DVD】銀蝶渡り鳥【DVD】
(2011/10/21)
梶芽衣子、渡瀬恒彦 他

商品詳細を見る
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kouhoba.blog.fc2.com/tb.php/510-e30e7a77

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

江保場狂壱(こうほば・くるち)

Author:江保場狂壱(こうほば・くるち)
ようこそいらっしゃいました。
江保場狂壱の面白いと感じたものを紹介しています。
映画や漫画、ゲームなどがありますよ。
まあ一貫してないのが難点だけどね。

カウンターショック

皆様のおかげで元気になれます。来てくれてありがとうございます。

買い物

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR