Entries

不良番長 どぶ鼠作戦

 一九六九年に東映で公営された野田幸男監督作です。
 不良番長シリーズ第五弾で前回の内藤誠監督から野田監督に戻りました。

 今回の不良番長は新宿から大阪は釜ヶ崎、河内を舞台に活躍します。
 梅宮辰夫らは京唄子が経営する簡易旅館でバイクの部品は盗まれました。
 谷隼人らは中田ダイマル、ラケットが経営するおでん屋でぼったくられ、挙句の果てに血を取られます。

 めげずにインチキ商売を始めるも葉山良二と曽根晴美に邪魔されます。
 暴力団は他人が大儲けをするのが許せないのでしょうか。
 警察に追われるも、絆を深める展開になりましたね。
 
 途中で知り合った山城新伍を頼るも、山城氏のいるストリップ劇場はぼろぼろでろくな踊り子がいません。
 なので不良番長たちが活躍するわけです。
 一時は盛り返すもまた暴力団に妨害される運命は変わらないけどね。

 関係ないけど由利徹のホルモン焼き屋は猫、犬、鼠を使っており、葉山氏、山城氏は平気で食べていました。
 今なら動物虐待で訴えられるかもしれません。
 でも昔は本当に会ったことだと思いますね。時代が変わったと言えます。
 
 舞台が大阪でもそこで暴力団と絡み、仲間が殺され、殴り込みをかけるのは変わりありません。
 今回は谷隼人は死にませんでした。ヒロインの南弘子さんは死ななかった。
 それ以外は死んじゃったけどね。

 場所が変わるだけで印象が変わりますね。まあ第五弾だから変化球は必要ですが。
 シリーズを重ねたから予算が多めに降りたのだろうか。
 私が知らないだけで大阪でタイアップとかしてたかもしれないな。
不良番長 どぶ鼠作戦 [DVD]不良番長 どぶ鼠作戦 [DVD]
(2007/02/21)
梅宮辰夫、谷隼人 他

商品詳細を見る
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kouhoba.blog.fc2.com/tb.php/508-c1e052c6

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

江保場狂壱(こうほば・くるち)

Author:江保場狂壱(こうほば・くるち)
ようこそいらっしゃいました。
江保場狂壱の面白いと感じたものを紹介しています。
映画や漫画、ゲームなどがありますよ。
まあ一貫してないのが難点だけどね。

カウンターショック

皆様のおかげで元気になれます。来てくれてありがとうございます。

買い物

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR