Entries

ジーンズブルース 明日なき無頼派

一九七四年に東映で公開された中島貞夫監督作です。

 梶芽衣子さんは聖子とかいてひじりこと読むバーのママを演じています。常に仏頂面で客商売が成り立っているのか不明です。マスターの菅貫太郎はいつも出かけており何をしたいかわかりません。

 一方でチンピラ次郎(渡瀬恒彦)はやたらと口汚い本郷(内田良平)と室田日出男、どもりの多い川谷拓三と一緒に人を殺して埋めようとしていた。しかし直前に裏切られ殺されそうになったので逃げた。殺された男を誘い出したマリー(加納えり子)は金ほしさに本郷らの仲間になった。

 そしてなぜか聖子は車を運転し、次郎の車と衝突。そして流れるままに二人は逃走するのであった。聖子はあくまで巻き込まれただけだが心なしか表情が明るくなっていた。ハンターの曽根晴美を猟銃で撃ち殺してからガソリンスタンドや賭場で金を強奪していった。

 次郎は妹の百合子(堀越陽子)のために金策をしていたが実際は百合子の男に貢ぐためだった。そして次郎と本郷たちは出会い、血で血を洗う死闘となった。

 途中川谷さんが梶さんの運転する車に腕を挟まれて引きづられるしーんがあります。基本的にどもりが多くまともにしゃべれないのですが一番印象があります。最後に殺されるのは川谷さんと加納さんで、一番殺されそうな内田さんや室田さんは生き残った。

 七〇年代とはいえ警察がわずか二名の犯人を取り囲み、拳銃をぶっ放し、狙撃銃を用意してます。時代がおおらかだったんだなと思う。梶さんが主役だが破滅へ向かうさまが美しかった。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kouhoba.blog.fc2.com/tb.php/507-ddbef4a0

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

江保場狂壱(こうほば・くるち)

Author:江保場狂壱(こうほば・くるち)
ようこそいらっしゃいました。
江保場狂壱の面白いと感じたものを紹介しています。
映画や漫画、ゲームなどがありますよ。
まあ一貫してないのが難点だけどね。

カウンターショック

皆様のおかげで元気になれます。来てくれてありがとうございます。

買い物

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR