Entries

南海の狼火

一九六〇年に公開された山崎徳次郎監督作です。

 流れ者シリーズの第四弾だそうです。小林旭がギターを片手にふらりとやってきて、トラブルを解決する。
 ひねりのない展開だがマイトガイアキラのさわやかな活躍を楽しむのが筋だから問題はない。

 舞台は四国の宇和島で町は祭りでぎわっていた。
 メインは闘牛で町の須賀真珠会社は、新興会社である宇高真珠に借財がかさんでいたのだ。
 その借りを闘牛で挽回しようと、総てを九州に預けていた荒岩に賭けていた。
 そこにギターをもった流れ者野村浩次(小林旭)がやってきたのです。

 牛の荒岩を狙う宇高真珠一味を追っぱらった浩次は、須賀真珠の社長力蔵(菅井一郎)と知りあった。
 そして力蔵の息子周一(中田博久)が恋人の踊り子ハルミ(白木マリ)に入れ込みキャバレー・パラダイスの支配人辻井(岡田真澄)に借金したという事情を聞いた。
 そして周一は船を出してそのまま行方知れずになった。辻井やそのボス黒田(金子伸雄)は宇高真珠の一味に通じていた。

 町には坊主くずれの殺し屋、流れ者の政(宍戸錠)が入りこんできた。
 さらに謎の男日下部(内田良平)も加わり混乱してくる。もっとも日下部は対して関わらないが。

 ある日周一がまだ生きていることがわかった。
 周一は黒田らに脅されてしかたなしに宇高一味に使われ、悪事を働いていたのである。
 周一の妹清子(浅丘ルリ子)を助けて、浩次はそれとなくパラダイスに出入りして一味の情勢をうかがっていた。

 周一は宇高真珠一味に脅され、こんどは父の会社の給料を盗んだ。
 一味はすかさず貸し金をとりたてに須賀真珠におしかけた。
 しかし野村が賭博場に乗り込みいかさまを見破り金を手に入れたのです。
 それを力蔵に渡すが金は闘牛で返すと言い張り、野村はひっこめてしまいました。

 そして結着は闘牛の日を期してつけられることになる。
 辻井や黒田は須賀真珠の使用人立川(弘松三郎)を買収し、牛の荒岩に毒を注射させた。
 闘牛の日、浩次をよび出した辻井一味は周一を使って彼を殺そうとした。
 それを助け、一味の手から二人を救ったのは政だった。周一は撃たれたがなんとか助かった。そして……。

  主人公は小林旭でライバルは宍戸錠、マドンナは浅丘ルリ子と白木マリで、悪役は金子伸雄に岡田真澄という最強の布陣だ。  歌を歌うアキラのさわやかさを思う存分堪能できる作品である。
 ただ内田良平氏は実は捜査官というオチだったが特に何もしてないんですよね。
 でも宍戸さんは今回白木さんに惚れませんでした。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kouhoba.blog.fc2.com/tb.php/506-e25e91d2

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

江保場狂壱(こうほば・くるち)

Author:江保場狂壱(こうほば・くるち)
ようこそいらっしゃいました。
江保場狂壱の面白いと感じたものを紹介しています。
映画や漫画、ゲームなどがありますよ。
まあ一貫してないのが難点だけどね。

カウンターショック

皆様のおかげで元気になれます。来てくれてありがとうございます。

買い物

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR