FC2ブログ

Entries

ハーレムキャラバン 商人の息子は自分のお宝で女性を魅了した

ハーレムキャラバン (二次元ドリーム文庫)ハーレムキャラバン (二次元ドリーム文庫)
(2006/06/17)
竹内 けん

商品詳細を見る

ハーレムシリーズというか文庫本では三冊目になった。キャラバンと聞くと砂漠をイメージするが、カーリングは中原の豊かなクラナリア地方にある。商人は英語でマーチャントと読む。マーチャントという呼び方って禁句なのだろうか。まあ馴染みはなさそうだし、キャラバンのほうが通じやすいのだろう。

今回は黄金竜を従えた王国の子供たちが活躍する話だ。ドモスがクラナリアを襲撃した殺伐とした時代とまったく空気が違っている。ほのぼのとした空気が漂っています。ドモスが舞台だが先生が書きたかったのはハーレムだと思う。

 主人公はドモス王国の大商人レギンスの息子であるオルフィオだ。彼は王室の出入り商人だが母親はドモス国王ロレントの正室であるアンサンドラの右腕ルーシーの息子である。ルーシーは基本的にアンサンドラ命であり、レギンスの義理でオルフィオを産んだらさっさとアンサンドラの補佐に帰った。母親の愛を受けていないが、あまり本人は気にしていない様子ですね。

 ちなみにレギンスは黄金竜に出ていた侍女ミミの兄です。レギンス商会では禁句らしい。もっとも商人は襲わないし、兄の関係者は見逃しているようだ。かつてはシュルビーの落ち武者らに襲われた彼女は、ドモスを襲う蛮族になった。かつてはただのメイドだったのにえらい変わりようである。

 オルフィオはアンサンドラの娘アレステリアとは幼馴染だ。アレステリアはオルフィオに好意を持っているが、オルフィオは鈍感なので伝わらない。周りの人には朴念仁とバカにされてる。

 まずはシルヴィア相手に童貞を捨てたよ。本当はレギンス商会の副支配人エウリカが筆おろししたかったけど、エウリカは処女だったんだ。セクシーで理知的な彼女なのにびっくりだね。以後オルフィオとベッドをともにした時だけかわいくなったよ。

 エウリカはオルフィオとセックルして楽しむだけでよかったが、若いトリエとレナは若旦那と副支配人のイケない関係が気になってしょうがない。お姐さんのバーバラがトリエとレナの処女を開通させてあげた。もちろんバーバラも楽しみます。あとおまけで他の女性とセックル。

 半年間の旅の終わり、アレステリアとセックル。でもオルフィオが口を滑らしたので嫌われた。そのせいで父親から褒美として実入りのいい店の支配人を任されても、セックルに魅力が薄れた。そこに頼れるシルヴィア姐さんがひと肌脱ぎやしたぜ。バーバラ、エウリカたちと協力してオルフィオはアレステリアと再会する。そしてなし崩しにハーレムを楽しみました。

 最後はオルフィオはアレステリアと結婚できた。一応アレステリアはロレントの長女だ。王女は政略結婚のカードだが庶民のオルフィオとの結婚を認めた。もともとアンサンドラはバーバラに命じてオルフィオを調査し、ふさわしくなければ殺せと言った。一応オルフィオは無事に帰ってきたからバーバラのメガネにかなったということだ。でも旅の最中はエウリカがほぼ仕切ってたよね。正直有能には見えない。

 オルフィオが旅をしていた時期は戦争がなかった。ドモスと敵対している二重王国はもちろんのこと、他国も普通に入国して商売している。もちろん関税はたっぷり取られた。たとえ敵対している国であろうと、嫌われている国だろうと、軍隊でなければ受け入れるのが大陸全体の気風なのだろうか。関税のためなら目をつぶるのかも。貿易をするにしても互いに見積書を作らせ、競い合わせることがあるという。感情に左右されにくい国柄なのだろうな。

 キャラバンは神聖帝国シリーズは6作品目になる。主人公はルーシーの息子でミミの甥、ヒロインはロレントとアンサンドラの娘だ。さらに女王汚辱の二重王国に出ていたメリシャントやふたりの剣舞のラルフィント王国、バーバラはその主人公イレーネと勝負して負けた。キャッスルのイシュタール王国やパイレーツの翡翠海を通り過ぎます。すでにリカルドは南海の海賊王と呼ばれていました。

 キャラバンは当時としては読者サービス満点の最高傑作だった。以後先生はハーレムを書き続ける一方で読者サービスに力を入れるのであった。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kouhoba.blog.fc2.com/tb.php/493-6a1bb810
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

江保場狂壱(こうほば・くるち)

Author:江保場狂壱(こうほば・くるち)
ようこそいらっしゃいました。
江保場狂壱の面白いと感じたものを紹介しています。
映画や漫画、ゲームなどがありますよ。
まあ一貫してないのが難点だけどね。

最新記事

カウンターショック

皆様のおかげで元気になれます。来てくれてありがとうございます。

買い物

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR