Entries

錆びた鎖

 1960年に公開された斉藤武市監督作です。
 小林旭氏出演の渡り鳥シリーズの監督です。
 まあ同じ日活だから監督が被るのは普通なんですけどね。

 英二(赤木圭一郎)は横浜の会社の次男坊で父親の会社で働いた金で遊んでいた。
 兄の健一(小高雄二)は優等生で父親(小沢栄太郎)の仕事を手伝っていた。
 ある日パクリ屋の罠にハマり、二千万の手形を盗まれ、水原(大阪志郎)が専務として乗り込んできた。
 さらに父親は心臓麻痺で殺されてしまう。

 英二は乱暴者だが両親に愛されていた。
 健一は優等生だが経営では労働者と距離の近い英二のほうが頼れると母親(轟夕希子)は思っていた。
 しかも英二の母親は別の人だが、今の母親は息子を大切にしているから不幸ではない。

 優等生だが世間を知らない兄と、落ちこぼれと思い込んでいるが世間の荒波を乗り越えた弟。
 その二人は懸命に父親を殺したパクリ屋を相手に戦うのである。
 普通堅気の人間なら、そっち系の人と争うことに躊躇するが、そこは映画だからね。

 なんとなくだがテレビドラマでも通用しそうな作品だが、映画が娯楽の時代だから仕方ないか。
 テレビドラマが台頭してきてから荒唐無稽な話が増えてきたのかもしれない。
 むしろ新しいことをしないと観客を確保できない時代になったのだろう。

 赤木さんのぶっきらぼうだが、労働者たちと肩を並べて働く姿はさわやかだ。
 ヒロインは笹森礼子さんだがラストは空気と化した。
 あと健一の秘書である白木マリさんは足を引っ張りたいのか、助けたいのかわからない。
 あと藤村有弘さんは出番が少なかった。その上ちんけな悪党だった。さすがに三国人の殺し屋ではだめか。
錆びた鎖 [DVD]錆びた鎖 [DVD]
(2003/03/21)
赤木圭一郎、小沢栄太郎 他

商品詳細を見る
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kouhoba.blog.fc2.com/tb.php/481-b5f9078b

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

江保場狂壱(こうほば・くるち)

Author:江保場狂壱(こうほば・くるち)
ようこそいらっしゃいました。
江保場狂壱の面白いと感じたものを紹介しています。
映画や漫画、ゲームなどがありますよ。
まあ一貫してないのが難点だけどね。

カウンターショック

皆様のおかげで元気になれます。来てくれてありがとうございます。

買い物

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR