Entries

紅の拳銃

 1961年に公開された牛原陽一監督作です。

 石原(垂水悟郎)は兵隊時代の上官である小寺(芦田伸介)にフリーの殺し屋を抹殺するよう命じた。
 相手は神戸の陣(小沢昭一)という男だ。
 下っ端を殺すのに下っ端を使う。最下層は這い回る話ですね。

 石原には自身は隻腕になり、妹の菊代(笹森礼子)は失明しているので金が要る。
 ある日バーで物色していると失業中という中田(赤木圭一郎)と出会う。石原は中田を仕込んだ。
 技術というのは他人にも使えるようにしないとだめだ。ただ殺しの腕を仕込むのはどうかと思う。

 60年代の日活は主役が歌うのが主流のようです。
 神戸を牛耳るのが三国人、昔の中国人の呼び方ですが、俳優さんたちは怪しい中国語を話しています。
 特に小沢さんと陣の弟役の草薙幸二郎さんは中国語で話していました。
 さらに殺し屋なのか藤村有弘さんも怪しい中国語でしゃべってました。

 赤木さんはニヒルな演技が魅力的ですね。当時は21歳で、その年にゴーカート事故で亡くなったようです。
 2年の間に24本の作品に出演していました。
 生きていれば三ケタは映画に出ていたかもしれません。

 日活ニューアクションは大抵拳銃をばかばか撃ちまくるもんですが、紅の拳銃では赤木さんは人を殺しません。
 一見話がつながってないように見えて、きちんと構造が整っているのが印象的でした。
 一応原作があり、田村泰次郎さんの小説が原作です。私は読んでないからわかりませんが。

 暗黒街のボスの女は白木まりさんと、吉行和子さんが演じていました。吉行さんの若いころは美人だったんですね。
 年をとっても上品さは失われていませんが。
やはり当時会社で教養を仕込まれたおかげだと思います。
紅の拳銃 [DVD]紅の拳銃 [DVD]
(2002/09/27)
赤木圭一郎、笹森礼子 他

商品詳細を見る
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kouhoba.blog.fc2.com/tb.php/479-5cdac79b

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

江保場狂壱(こうほば・くるち)

Author:江保場狂壱(こうほば・くるち)
ようこそいらっしゃいました。
江保場狂壱の面白いと感じたものを紹介しています。
映画や漫画、ゲームなどがありますよ。
まあ一貫してないのが難点だけどね。

カウンターショック

皆様のおかげで元気になれます。来てくれてありがとうございます。

買い物

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR