Entries

ハーレムパイレーツ ハーレム王に俺はなる!!

 
ハーレムパイレーツ (二次元ドリーム文庫)ハーレムパイレーツ (二次元ドリーム文庫)
(2005/11)
竹内 けん、浮月 たく 他

商品詳細を見る

 このお話は王子である主人公が海賊王となり、ハーレム王となる物語である。最初は海兵、次は海賊と二百人近くの女たちを物にするのだ。彼女らを守るために彼は王となることを無理やり承知させられたのです。

 今度は翡翠海にあるエトルリア王国が舞台です。エトルリアは女王汚辱ではベルゼイア将軍に狙われていた国でした。サブリナ王国の女王ヴィシュヌの悪名がひどいので、二重王国の成立は周辺各国には恐怖の対象になりました。

 第四王子のリカルドくんは将来臣下を下ろされるから頼れる海軍提督シグレーンを頼り、海軍の船に乗り、一から技術を学ぼうとしてます。シグレーンは試練としてまず自分を抱かせ、女を物にしろという。リカルドはシグレーンに筆おろしされた結果になった。

 リカルドはシグレーンの部下であるイシスの船に乗る。しかし全員女で先輩のマリオン、マーサ、ジミーと仲良くなる。もちろんセックルもしちゃうよ。この辺りはキャッスルのサーシャ、マガリ、キャロルに似ているが、フィリックスは三人としてない。こちらは一線を越えている。

 目指す海賊退治は義賊スカーレットだ。海賊帽をかぶったセクシーすぎる海賊。彼女を凌辱したらどれだけ絵になるだろうが、悲しいかな二次元ドリーム文庫で凌辱はない。代わりにリカルドが船員相手に学んだクンニでスカーレットをあへあへさせちゃったよ。

 スカーレットに囚われたリカルドだが、実はそれも作戦の一つでスカーレットを捕まえるためのものだった。シグレーンはリカルドを海賊王にして翡翠海を支配してもらおうとする。北にある二重王国よりまず近くにある翡翠海を平和にしたいのだ。

 最後は海軍と海賊、合わせて二百数人と乱交して終わる。正直相手が多いからおおざっぱになった。シグレーンに始まり、シグレーンで終わった感じだ。生真面目なイシスと、豪快なスカーレットと対するふたりもよい。挿絵はないがスカーレットの部下であるロゼもいい味を出していた。

 シグレーンにそそのかされたリカルドだが王様にならないと二百人以上の女たちは守れないだろう。リカルドの双肩に女たちの命がかかっているのだ。まずリカルドの目的は翡翠海を制覇することであるが、ちょっと不安がある。
 
 かつてローマは海運国家であるカルタゴと戦争した。これがいわゆるポエニ戦役だ。ローマは地中海の長靴のつま先にある。カルタゴは今でいうアフリカだ。半島でもローマは農牧国家で海には興味がなかった。それがシチリアが危機となり、彼らを守るためにカルタゴと戦争したのです。

 ローマは戦闘用の船はなく、カルタゴの船を参考にたくさんの船を作った。そして海戦に慣れていないのを補うために船にカラスと呼ばれる消防車のはしごみたいなものを作り、それでカルタゴの船を渡ったという。その後ローマは海難事故で大勢が死んだという。戦闘ではローマの方が上だったのだ。

 二重王国・サブリナとエトルリアは陸続きだ。公式ガイドブックの地図を見ればよくわかる。エトルリアが翡翠海の真ん中にあるならともかく、サブリナ相手に海軍など役に立たない。エトルリアが二重王国を警戒するのもよくわかる。

 おそらくシグレーンの目的は翡翠海をひとつにまとめることではないか。海賊が英雄ともてはやされる時代に幕を下ろしたいのかもしれない。北は二重王国、翡翠海は利権を狙う国家と敵が多い。ここは強引な方法でエトルリアの王位を奪い、翡翠海をまとめる。それが狙いではないかと思います。

 サブリナの女王ヴィシュヌは好戦的な人間故に、鉱物資源が豊富なオルシーニと同盟を組んだことで、さらに脅威と感じたのだろう。それに惑わされずに策を練るシグレーンはすごいですね。

 有能な参謀と指揮官を手に入れたリカルドは海賊王こと、ハーレム王になるべく戦うのであった。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kouhoba.blog.fc2.com/tb.php/474-84f3877a

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

江保場狂壱(こうほば・くるち)

Author:江保場狂壱(こうほば・くるち)
ようこそいらっしゃいました。
江保場狂壱の面白いと感じたものを紹介しています。
映画や漫画、ゲームなどがありますよ。
まあ一貫してないのが難点だけどね。

カウンターショック

皆様のおかげで元気になれます。来てくれてありがとうございます。

買い物

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR