Entries

ストリートファイター ザ・レジェンド・オブ・チュンリー

二〇〇九年にアメリカで公開されたアンジェイ・バートコゥイアク監督作です。対戦格闘アクションストリートファイターⅡの春麗が主役の作品です。

 チュンリーは父親(エドマンド・チャン)が大好きな女の子でした。ピアノと父親から太極拳を習っていた。ある日父親はベガ(ニール・マクドノー)とバイソン(マイケル・クラーク・ダンカン)に連れ去られた。
 大きくなったチュンリー(クリスティン・クルック)は母親が亡くなったのを機にタイのバンコクにゲン(ロビン・ショウ)に拳法を習い、父親を探す。
 一方ICPOのナッシュ(クリス・クライン)はシャドルーを追いかけ、バンコクの刑事マヤ(ムーン・ブラッドグッド)と協力し、追い詰めていく。

 チュンリーが幼少のころから始まり、大人になってピアニストになった。ゲンを探すためにバンコクに渡り浮浪者の真似事をしてでもゲンを探す執念を感じる。最初は太極拳を少しかじっただけの彼女がゲンの元で修行をして強くなるさまはいいですね。

 男ならともかく美人が人から食べ物を恵んでもらうのは厳しいですね。しかしそれだけに印象が強く映る。

 ストリートファイターの名が必要なのかと思った。出てくるのはチュンリー、ベガ、バイソン、ゲン、バルログ(タブー)しか出てない。一応チュンリーの必殺技スピニングバードキックが出たくらいか、あとは気孔拳も出てました。
 最後に新聞でストリートファイターの名が出て、日本にリュウという男がいるといったくらいだ。
 ベガもサイコパワーを使うわけではないが、邪魔者はすぐ殺す残虐性を発揮している。正直、貧弱な肉体で迫力がないです。ストリートファイターの冠が必要だったかと疑います。
 まあ映画としては主人公が父親を探すために悪の組織に立ち向かうのが面白いですね。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kouhoba.blog.fc2.com/tb.php/450-041fd899

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

江保場狂壱(こうほば・くるち)

Author:江保場狂壱(こうほば・くるち)
ようこそいらっしゃいました。
江保場狂壱の面白いと感じたものを紹介しています。
映画や漫画、ゲームなどがありますよ。
まあ一貫してないのが難点だけどね。

カウンターショック

皆様のおかげで元気になれます。来てくれてありがとうございます。

買い物

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR