Entries

くノ一忍法帖 影ノ月

2011年に公開された山田風太郎先生原作の作品です。菱沼康介監督作です。
キングレコードから出たくノ一シリーズで、津島監督ではないですが、独特のけれんみがあります。

 山田先生没十周忌ということで製作されたそうな。原作は忍法月影紗ですが、未読なので映画だけの話とします。

 時代は徳川吉宗(若山騎一郎)が将軍のころで、当時は不況だったから節約しろと命じたらしい。
 享保の改革というわけだ。今の不況に似ていますね。
 逆に尾張当主である徳川宗春(海東健)は金は天下の回り物、節約をせずぱーっと使いまくっていた。

 無論吉宗は宗春に節約しろと命じるが、逆に忍者を使い、暴れん坊の吉宗のやんちゃの証を晒して報復した。
 大岡越前(黒田アーサー)は吉宗の愛妾三名を殺害しろとくノ一たちに命じた。
 人の命をなんだと思っているのだろうか。でも今の時代も変わらないな。

 さて紀州お庭番の七溝呂兵衛(仁科貴)は剣(阿部真里)、お狐雁(西野翔)、右京(森下悠里)、剣の妹お志摩(宮間梨佳)に命じた。
 そして櫓平四郎(弓削智久)も交じり、吉宗の愛妾を殺して回る。

 敵対する忍者は鉄仮面の水無瀬竜斎と雪千代(サーモン鮭山)、梵天丸(水野直)、倉掛(北村智晃)である。
 ところが陣内(亜紗美)は千両箱にもぐりこみ、奇襲をかけた。
 そして忍法暴れ乳で雪千代を殺したが、竜斎の原理が不明な鏡地獄という忍法で殺された。

  お弧雁は蝶を操る忍法を使い、右京はあそこから植物を操る忍法を使う。
 特に森下さんの忍法であそこに梵天丸の顔がしゃべるのは笑った。
 西野さんは素っ裸になったが、森下さんが乳首を出さないのは事務所の方針だろうな。
 ちなみに阿部さんも出してないよ。愛妾のひとりであるお藤(水谷ケイ)は濡れ場があったけど。

 極めつけはお志摩の忍法だ。子宮で相手を吸い込む忍法だが、どんな原理だろうか。
 ばかばかしい設定だが、ばかばかしすぎてすがすがしいくらいだ。
 主役の剣は氷を操る忍法を使うがこっちは地味だった。
 倉掛の忍法は帯を操り、梵天丸は体内温度を操る忍法です。

 キングレコードのくノ一シリーズは忍者が芝居がかったように忍法の名前を言います。
 非常にわかりやすくていいですね。
 山田先生は忍者を片っ端から殺すし、無関係な人間もあっさり殺すからかなり原作と逸脱していると思う。
 忍者は死ぬことを疑問に抱かず、任務を全うすることに専念しています。
 まあ、どうせ原作通りにならないなら尺を短くして映画ならではの作風に仕上げるのが普通ですね。

 暴れん坊将軍で有名な吉宗や大岡越前を悪役として描いた作品でした。
 逆に新鮮でよかったですね。

くノ一忍法帖 影ノ月 [DVD]くノ一忍法帖 影ノ月 [DVD]
(2011/07/06)
阿部真里

商品詳細を見る
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kouhoba.blog.fc2.com/tb.php/440-e1ec410d

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

江保場狂壱(こうほば・くるち)

Author:江保場狂壱(こうほば・くるち)
ようこそいらっしゃいました。
江保場狂壱の面白いと感じたものを紹介しています。
映画や漫画、ゲームなどがありますよ。
まあ一貫してないのが難点だけどね。

カウンターショック

皆様のおかげで元気になれます。来てくれてありがとうございます。

買い物

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR