Entries

アイアンマン2 ネタバレ注意

2010年にアメリカで公開されたジョン・ファブロー監督作です。

 アイアンマンことトニー・スターク(ロバート・ダウニーJr)はアイアンマンとして活躍しているが国にはアイアンマンのスーツは武器で脅威だという。ライバル社のジャスティン・ハマー(サム・ロックウェル)は敵対心を燃やすがトニーのスーツには敵わなかった。つーか、顔を隠すヒーローがいきなり正体を明かすのはどうか。まあ、アイアンマンの技術がそこらへんにあるわけないから証拠を残しているようなものだ。

 トニーの身体はどんどん蝕まれていき、自暴自棄な行動が目立つ。社長の座を秘書のペッパー・ポッツ(グウィネス・パウトロー)にゆずり好き勝手にやっていた。そこへスターク社を恨むイワン(ミッキー・ロック)は死んだ父親の技術を使い、トニーに襲い掛かる。トニーはそれを退けたがスターク社とアイアンマンの風当たりは強くなるばかりだ。

 軍人で友人のローズ(ドン・チードル)すらも呆れてしまった。ハマーはイワンの腕を見込み、彼をスカウトするがイワンは好き勝手なことばかりやっている。イワンはトニーの復讐を果たすために辛抱していたのだ。

 吹き替え版を見たがトニーとペッパーの会話はまったくかみ合っていない。というかかみ合うほうが珍しい。

 トニーは父親に愛されていないと思っていたが父親のハワード(ジョン・スラッテリー)は8ミリで息子に未来を託す映像を残すなど親子愛が見れました。そして息子はハワードが残した未来のエキスポ模型にこめたメッセージを読み取り完成させたのである。

 新人の秘書であるナタリー(スカーレット・ヨハンセン)は実はスパイで、黒いレザースーツで真っ白なハマーの会社を襲撃するシーンは非常に見やすく、面白かった。アイアンマンはCGで、ナタリーは生身?のアクションを楽しませてくれた。

 ただペッパー役のパウトローさんはふけすぎな気がする。カメラのせいだろうか。

 最後は続編を匂わせる終わり方をしている。三部作物は昔からありますが、今ではすぐに続編は出ませんからね。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kouhoba.blog.fc2.com/tb.php/435-fc886825

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

江保場狂壱(こうほば・くるち)

Author:江保場狂壱(こうほば・くるち)
ようこそいらっしゃいました。
江保場狂壱の面白いと感じたものを紹介しています。
映画や漫画、ゲームなどがありますよ。
まあ一貫してないのが難点だけどね。

カウンターショック

皆様のおかげで元気になれます。来てくれてありがとうございます。

買い物

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR