Entries

グレンとグレンダ

エド・ウッド・コレクション [DVD]エド・ウッド・コレクション [DVD]
(2004/03/05)
エド・ウッド

商品詳細を見る
1956年にアメリカで公開されたエド・ウッド監督作です。
 
 冒頭からベラ・ルゴシが出てくる。
 しかし彼は狂言回しというより、もっともらしいことを言っているが、実際はわけのわからないことばかりしゃべっている。  なんとなくスマートな荒井注に似ている。生前は103本の映画に出演したらしいが、当時はすでに落ち目だったそうな。
 エド・ウッドは彼の名を借りて映画を作っていたそうだ。

 この作品はグレンが主役だ。グレンはエド・ウッドが演じている。
 彼は実生活でも女装趣味があったそうだ。
 もっとも同性愛者ではなく、服装倒錯者といい、異性の服を着るのが好きなだけという。
 女装男子は漫画で流行っているが、実際この作品のグレンダは人目で女装とわかるレベルだ。
 グレンはグレンダという女性になりきり、満足していたが、恋人のバーバラ(ドロレス・フラー)にいつ打ち明けるか悩んでいた。

 ドロレスはエド・ウッドの最初の奥さんらしいが女装趣味は理解できず離婚したという。
 映画では恋人は理解してくれたけどね。
 今はどうかわからないが、女装趣味を理解する人は少ない気がする。

 この時代、実際に男性が性転換したことが話題になったらしい。クリスティーン・ジョーゲンセンという人だ。
 世界で初めて性転換を行ったそうだ。現代でも美川憲一さんや美輪明宏さんのような人はいる。
 ジェンダーに悩む話ではあるが、構成がすごい。唐突にゲリラ撮影と思えるシーンがはさまれる。
 バッファローの群れのシーンなどが挿入された。あと前衛舞踏みたいなシーンもある。

 一応話はグレンの話のほかにアランことアン(トミー・ヘインズ)の話があるが、グレンとくらべると短かった。
 彼は戦争で女性の下着を持っていった。こちらもエド・ウッドと同じ性癖を持っている。
 こちらは性転換したようだ。もっともこちらがメインなんだけどね。

 一応ウォーレン警部(ライル・タルボット)が服装倒錯者の自殺を止めたいという理由で、オルトン博士(ティム・ファレル)に服装倒錯者の話を聞かせている。
 聞いただけでなく、その話を広めないと意味がないと思うが。映画だけではパンチが弱いぞ。
 はっきりいえばベラ・ルゴシはいらない気がする。最後まで意味不明なこと言ってました。
なんでもエド・ウッド作品で初めて登場したのがこの作品だという。
 ルゴシを出すだけで客は惹かれると思ったのかもしれません。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kouhoba.blog.fc2.com/tb.php/412-6c14ea47

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

江保場狂壱(こうほば・くるち)

Author:江保場狂壱(こうほば・くるち)
ようこそいらっしゃいました。
江保場狂壱の面白いと感じたものを紹介しています。
映画や漫画、ゲームなどがありますよ。
まあ一貫してないのが難点だけどね。

カウンターショック

皆様のおかげで元気になれます。来てくれてありがとうございます。

買い物

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR