Entries

花と蛇 究極縄調教

1987年に公開された浅尾政行監督作です。小沼勝から西村昭五郎監督に続き、浅尾監督が花と蛇を撮りました。

 遠山志津子(長坂しほり)は社長夫人である。静子ではなく、志津子である。
しかも義理の娘は久美子(速水舞)という名前です。

 しかし二人は捕えられ、調教される。とくに速水さんの胸がでかい。縛られた胸がとても印象的だった。

 社長の秘書、佐伯(水木薫)は内心志津子たちをねたんでおり、罠嵌める。
サディストぶりは志津子らを捕えた沼田(新海丈夫)や立花(港雄一)よりもすごいのは、女性ならではの業だろうか。
 佐伯が鞭を打つシーンはやたらと効果音が高く、目まぐるしく身体を回転させていた。スピーディな展開であった。

 調教シーンもアヘンをしみこませるために、特製のシーソーを使っていた。小道具に力がこもっていたと思う。

 花と蛇の原作者である団鬼六先生は、連載当時、挿絵で静子に下着をつけていたことに抗議をしたことがあった。事実、小沼勝監督の花と蛇は避難轟々であった。この作品は団先生にとってどんな気持ちだっただろうか?
花と蛇 究極縄調教 [DVD]花と蛇 究極縄調教 [DVD]
(2005/10/21)
長坂しほり、速水舞 他

商品詳細を見る
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kouhoba.blog.fc2.com/tb.php/389-4eae8289

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

江保場狂壱(こうほば・くるち)

Author:江保場狂壱(こうほば・くるち)
ようこそいらっしゃいました。
江保場狂壱の面白いと感じたものを紹介しています。
映画や漫画、ゲームなどがありますよ。
まあ一貫してないのが難点だけどね。

カウンターショック

皆様のおかげで元気になれます。来てくれてありがとうございます。

買い物

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR