Entries

バイオハザード ネタバレ注意

2002年にアメリカで公開された映画です。原案はカプコンの人気ゲームバイオハザードです。監督はポール・WS・アンダーソンです。

 アンブレラ社の研究室ハイブで事件勃発。コンピュータは中にいる500人を無常にも皆殺しにした。冒頭では何気ないシーンが終盤で謎が解ける仕組みだ。

 ある洋館で一人の女性(ミラ・ヨヴォヴィッチ)が眠っていた。記憶がなく、屋敷をさまよっていると警官と名乗るマット(エリック・メビウス)
さらに銃を持った謎の集団が現れた。彼らはアンブレラ社の特殊部隊であった。彼女の名前はアリス。もう一人スペンス(ジェームズ・ピュアフォイ)と偽装結婚してハイブの入り口を守っていたと言う。こちらは貨物列車で気を失っており、気を失っていた。
 
 前半はまったくゾンビは出てこなかった。特殊部隊の目的は暴走したスパコン、レッドクイーンを機能停止にすることだった。しかしクイーンの部屋では防衛装置が働き、隊長ジェームス・P・シェイドらはなます切りにされてしまった。
 
 残る隊員はレイン(ミシェル・ロドリゲス)とJD(パスクエール・アリアルディ)、そしてカプラン(マーティン・クルーズ)だけになった。
 後半になってやっとゾンビが出てきた。今までレッドクイーンが閉じ込めていたので、それがセキュリティが解除されたため、外に出てきたのだ。すさまじいまでのゾンビの数だ。アリスは時々思い出したように銃を使い、蹴り技でゾンビを倒したりした。

 最後はアリスだけ生き残り、目が覚めて外に出たら廃墟と化したラクーンシティでおしまい。次回作を期待させる作りだ。
 
 所々目を覆いたくなるシーンが多い。エレベーターにはまった女性が急にエレベータが上がって・・・・・・。アクションでもあるがホラーとしても面白かった。

 知人の話ではミラ・ジョヴォビッチではなく、本当はヨヴォビッチだそうです。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kouhoba.blog.fc2.com/tb.php/370-f93d1215

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

江保場狂壱(こうほば・くるち)

Author:江保場狂壱(こうほば・くるち)
ようこそいらっしゃいました。
江保場狂壱の面白いと感じたものを紹介しています。
映画や漫画、ゲームなどがありますよ。
まあ一貫してないのが難点だけどね。

カウンターショック

皆様のおかげで元気になれます。来てくれてありがとうございます。

買い物

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR