Entries

ノゾキアナ 第7巻感想

ノ・ゾ・キ・ア・ナ 7 (ビッグコミックス)ノ・ゾ・キ・ア・ナ 7 (ビッグコミックス)
(2011/03/30)
本名 ワコウ

商品詳細を見る
ついに龍彦はまどかを抱いた。生粋の処女であった。

 龍彦の付き合いは同じ学年の米山とえみる、一年生の望月に理恵、まどかだ。ちなみに表紙の新キャラは塔子で望月たちの知り合いだが出番が少ない。理恵ではだめなのだろうか。

 嵐の夜龍彦は自分の部屋にまどかを連れてきた。そしてえみるに覗かれていることを承知して彼女を抱いた。その後えみると会ったが彼女の表情はひどく歪んでいた……。ここの部分はすごい衝撃的だった。

 龍彦はまどかの部屋に通っており、自分の部屋ではセクロスはしてなかった。このままえみると無関係にすごせる…、はずもなく、望月たちの誘いでスパリゾートへいくことになる。

 そこで龍彦は裸のえみるを抱きしめた。しかし彼女は龍彦に対して肉体の関係を望まず、あくまで覗きあうことを望んでいた。なぜ彼女は抱かれないのだろうか。そして覗きあいを望むのだろうか。まさしく覗き愛なのだろうか?

 最後に二人の秘密がばれるようである。いったい誰に?ノゾキアナを知っているのはマキコだが彼女はえみるから説明されているはずだ。なんか次回予告を読むとえみるの部屋を別の男が覗いているようである。

 あと単行本の帯にノゾキアナと北崎拓先生の「このSを、見よ!」の広告があった。本名先生とどういう関係があるのだろうか。まあ、一応単行本は小学館から発売されてますからね。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kouhoba.blog.fc2.com/tb.php/35-f1c54007

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

江保場狂壱(こうほば・くるち)

Author:江保場狂壱(こうほば・くるち)
ようこそいらっしゃいました。
江保場狂壱の面白いと感じたものを紹介しています。
映画や漫画、ゲームなどがありますよ。
まあ一貫してないのが難点だけどね。

カウンターショック

皆様のおかげで元気になれます。来てくれてありがとうございます。

買い物

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR