Entries

帰ってきた女必殺拳

1975年に公開された山口和彦監督作です。女必殺拳第3弾です。

香港で紅竜(志穂美悦子)が知り合いのシュウ(千葉治朗)にリカの母親秀麗(川崎あかね)を探してほしいと頼まれる。
 刑事である自分は面が割れているから、一般人で女性の紅竜に依頼した。
 だが彼女の素性はあっさりバレており、シュウ派殺されてしまう。

 秀麗は日本の横浜にいると判明し、紅竜はリカをつれて日本に着たが即効で襲われる。
 そこへ友人のミッチー・ラブに助けてもらった。
秀麗の妹麗華(チャン・ミーファー)を頼るが、お約束で彼女は悪の組織の手先だった。彼女は麻薬中毒にされていた。

 組織のボスは王龍明(山本麟一)は黄金を密輸し、荒稼ぎしていた。
 武道家を飼っているが、怪しい武術の名前はなく、いたって普通。ウィリー・ドーシィなどがあっさり倒される。
  石橋雅史さんは怪しいテンガロンハットのマタドールっぽい人を演じていた。
 倉田保昭さんはやっぱりわけありの人でした。

紅竜はドジっこだ。尾行はバレるわ、潜入も音を立てるわで、やっぱり素人はだめだ。
王も紅竜をいたぶることに満足して、止めを刺さない詰めの甘さだ。
 まあ悪役はどこか抜けていないと話が進まないから仕方がない。
 これを許容できないとフィクションを楽しめなくなってしまう。

この作品の楽しみ方は志穂美悦子のアクションであろう。えっちゃんがドラゴンのように暴れまわることが楽しいのだ。
誰も助けることはできず、えっちゃんの後ろには屍の道しか築かれないのはご愛嬌だが。
ちなみに女必殺拳はシリーズ物だが、設定は紅竜だけで別世界が舞台ですよ。
帰って来た女必殺拳 [DVD]帰って来た女必殺拳 [DVD]
(2014/10/10)
志穂美悦子、石橋雅史 他

商品詳細を見る
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kouhoba.blog.fc2.com/tb.php/346-45e043ee

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

江保場狂壱(こうほば・くるち)

Author:江保場狂壱(こうほば・くるち)
ようこそいらっしゃいました。
江保場狂壱の面白いと感じたものを紹介しています。
映画や漫画、ゲームなどがありますよ。
まあ一貫してないのが難点だけどね。

カウンターショック

皆様のおかげで元気になれます。来てくれてありがとうございます。

買い物

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR