Entries

ファンタスティック・フォー 超能力ユニット ネタバレ注意

2005年にアメリカで公開されたティム・ストーリー監督作です。原作はスパイダーマンやX-MENのマーブルコミックです。

しがない科学者リード・リチャード(ヨアン・グリフィズ)は友人のベン(マイケル・チクリス)と一緒に学生時代の友人で、現在では実業家のヴィクター(ジュリアン・マクマホン)に金策をするため頭を下げた。
ヴィクターの元にはリードの昔の恋人スーザン(ジェシカ・アルバ)が秘書を務めていた。
リードは宇宙嵐を調査するために、宇宙へやってきた。スーザンの弟ジョニー(クリス・エヴァンス)は優秀な宇宙パイロットだったが、性格に難がありNASAをクビになった。

リードは計算違いで宇宙放射線を浴びてしまった。
リードは体がゴムのように伸びる体質になった。
スーザンは光を屈折させ、透明に見えるようになった。
ジョニーは体から太陽のように燃える体質になった。
そしてベンだけ外見が岩のようにゴツゴツした怪人に変身してしまった。

前半はリードは自分たちの体を元に戻そうとして紛争するが、ジョニーは目立ちたがり屋で、人前で力を発揮して楽しんでいた。
ベンは自分の外見のせいで婚約者に捨てられた。そこを事業の失敗でやけくそになったヴィクターが彼らを翻弄するのである。
一時険悪になった4にんだが、誤解が解ければすぐに仲直りするのも、アメコミらしい展開だ。
ただ悪役がヴィクターことドゥームただひとりだけというのが物足りなかった。
確かに彼は電気の力で町を破壊するがそれだけであり、ファンタスティック・フォーが4人がかりでいじめているようにも見えた。今回はあくまでチーム結成に重点を置き、次回作からチームとしての活躍、ドゥームの脅威が待ち受けているのだろう。実際、ドゥームは何か起こしそうな雰囲気を残して話は終わった。

X-MENみたいにミュータントであることは差別されず、むしろ市民からは歓迎されている。ミュータント=差別というわけではなく、作品ごとに差別化しているのだろう。
ジョニーはミュータントになった自分を悲観せず、むしろ人生を楽観してましたね。結局リードはヴィクターから婚約者を奪ったことになったけど、ヴィクターはスーザンを自分のコレクションに入れたい、収集家みたいな感情を抱いていたから、破談してよかったと思う。

過去に日本では宇宙忍者ゴームズという題名でアニメが放送された。
ゴームズとはリードがゴムのように体が伸びて、ホームズのように頭がいいからだそうだ。
リードはゴームズ。(ミスター・ファンタスティック)
スーザンはスージー。(インジブル・ウーマン)
ジョニーはファイヤー・ボーイ。(ヒューマン・トーチ)
ベンはガンロック。(ザ・シング)
ドゥームは悪魔博士。
ガンロックは関敬六さん。悪魔博士は脱線トリオの南利明さんでした。

久々の洋画は面白かった。邦画もいいけど、たまには頭休めも必要でした。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kouhoba.blog.fc2.com/tb.php/340-ae920a96

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

江保場狂壱(こうほば・くるち)

Author:江保場狂壱(こうほば・くるち)
ようこそいらっしゃいました。
江保場狂壱の面白いと感じたものを紹介しています。
映画や漫画、ゲームなどがありますよ。
まあ一貫してないのが難点だけどね。

カウンターショック

皆様のおかげで元気になれます。来てくれてありがとうございます。

買い物

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR