Entries

懲役太郎 まむしの兄弟

1971年に東映で公開された中島貞夫監督作です。

まむしの兄弟とは菅原文太さんと川地民夫さん扮する前科者の兄弟が喧嘩をしまくる話です。

まず二人は頭が悪い。川地さんが単語を発せば菅原さんにどういう意味やと質問する。それを菅原さんが言葉を濁すというパターンです。
頭が悪いのですぐに喧嘩を始めるし、無銭飲食など当たり前。もっとも喧嘩は弱く、賭場で暴れまわった挙句簀巻きにして海に捨てられます。それでもあきらめない、というかしつこいのがこの兄弟なのです。

神戸では滝花組と山北組がにらみ合っています。菅原さんは最初もめた滝花の若頭梅田(葉山良二)に金を渡され、懐柔されます。さらに山北(天津敏)にも懐柔されるというコロコロ主張がぶれる兄弟です。

そんな菅原さんでも親のいないおでんの屋台をひっぱるゆき(山田圭子)に同情します。婦人警官のさや子(佐藤友美)は未成年のゆきを施設に入れたいのですが、菅原さんが横からしゃしゃり出て啖呵を切ります。

やりたい放題の二人ですが、暴力団の幹部早崎(安藤昇)を襲撃しようとしましたが、早崎の貫禄と刺青の迫力に押され、二人は河野秋武と白羽大介に刺青を彫ってもらい、梅田を殺し、ゆきを巻き添えにした山北を襲撃しました。

ダイナマイトを放り投げ、確実に10人以上は殺してます。これは死刑になってもおかしくないレベルです。
しかしこの作品はシリーズ化され、何作も続くことになります。

頭は悪いが、義理は通す。菅原文太と川地民夫のコンビが繰り出すまむしの兄弟。ホント二人は馬鹿なんですよ。あくまで役柄ですが、二人とも生き生きした演技でした。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kouhoba.blog.fc2.com/tb.php/338-cbbe8b57

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

江保場狂壱(こうほば・くるち)

Author:江保場狂壱(こうほば・くるち)
ようこそいらっしゃいました。
江保場狂壱の面白いと感じたものを紹介しています。
映画や漫画、ゲームなどがありますよ。
まあ一貫してないのが難点だけどね。

カウンターショック

皆様のおかげで元気になれます。来てくれてありがとうございます。

買い物

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR