Entries

聖獣学園

1974年に公開された鈴木則文監督作です。

魔矢(多岐川裕美)は修道院で死んだ母親と、自分の父親が誰かを調べるため、修道院に入った。
 その前にシャバの空気を堪能してから。
 こういうのはあんまり調査とかしないんだろうな。修道院は必ず清い人が入るとは限らないし。

 修道院には札付きの悪松子(山内えみ子)がいて、魔矢に突っかかる。
 しかし、魔矢が副院長の村松(三原葉子)を知り合いの谷隼人に抱かせたことを知り、仲良くなる。
 村松の設定は処女らしいが、とてもそうは見えませんね。

この手というか、東映の鈴木監督だと、主人公には衣麻遼子さんが敵で、斃したい男がいる。
 そして清らかな渡辺やよいさんが犠牲になり、主人公は復讐の炎を燃やすのである。
敵は名和宏か、渡辺文雄が多いが、今回は渡辺さんだった。
 神に扮する渡辺さんは不自然なヅラと付け髭をつけ、司祭様になり、院長の森秋子さんを抱き、衣麻さんといい仲になっているのであった。

多岐川さんのデビュー作だそうだ。私は多岐川さんは清純な役が多かったので、この作品は意外だった。
しかし新人で裸になるとは、鈴木監督にしろ、東映にしろ、女優に容赦ないな。渡辺さんは拷問されて失禁するんだから。

さすがに由利徹さんや大泉晃さんは出す余裕がなかったか。谷さんがコメディを担当していました。
ラストのオチは予想しやすいでしょう。消去法を使えばね。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kouhoba.blog.fc2.com/tb.php/318-d85e1e70

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

江保場狂壱(こうほば・くるち)

Author:江保場狂壱(こうほば・くるち)
ようこそいらっしゃいました。
江保場狂壱の面白いと感じたものを紹介しています。
映画や漫画、ゲームなどがありますよ。
まあ一貫してないのが難点だけどね。

カウンターショック

皆様のおかげで元気になれます。来てくれてありがとうございます。

買い物

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR