Entries

忍者武芸帖 百地三太夫

1980年に公開された鈴木則文監督作です。時代劇物ですが、ところどころいい加減です。
 もっとも娯楽性は高いので問題はないです。

主人公は真田広之。時代劇にふさわしくないいでたちで、師匠の千葉真一を仇と狙い、仲間たちと戦います。
 ちなみに千葉ちゃんの元奥さんの野際陽子さんは百地の奥さんで、冒頭で自害しました。

 真田さんは百地三太夫(石橋雅史)の息子で、千葉ちゃんに殺された。
 二人は極真空手の有段者だが、今回は忍者バトルを繰り広げ、無残な死を遂げる。
海に逃げ込み真田さんは中国へわたり、アイリン(志穂美悦子)に拳法を習った。彼女はいつもの女ドラゴンであった。
アクション監督は千葉ちゃんが担当してたんです。

 アクションシーンは重厚で見ていて楽しかったですが、どうもBGMは軽い気がした。時代劇にしては似合わないのである。

幼馴染のおつう(蜷川有紀)は幼い頃生き別れ、伊賀の服部半蔵(夏木勲)に命じられ、百地の隠し金山のありかが示される刀を奪えと命令され、真田さんを裏切れないと悩む。

仲間は片っ端から殺され、白雲斎(丹波哲郎)のもとで修行し、最後は白雲斎を殺して修行は終わり。
最後は真田さんと蜷川さんだけ生き残っておしまい。

この間GOEMONを観たが、豊臣秀吉(小池朝雄)が悪役で、石川五右衛門(百地の仲間の生き残り)が義賊として活躍、最後は釜茹でという結末が一緒だった。
淀君、浅井茶々は広末涼子さんだったが、この作品では春川ますみさんだった。
 トラック野郎のジョナサンのかみさんだ。30年前とは価値観が違うから、面白い。

真田広之のアクションと主題歌を楽しむとしたらこの作品です。千葉ちゃんはおとなしいほうかな。
 やっぱり千葉ちゃんは主役じゃないと輝けないか。仁義なき戦い広島死闘編では大友勝利はインパクトありすぎですが。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kouhoba.blog.fc2.com/tb.php/317-860a4be2

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

江保場狂壱(こうほば・くるち)

Author:江保場狂壱(こうほば・くるち)
ようこそいらっしゃいました。
江保場狂壱の面白いと感じたものを紹介しています。
映画や漫画、ゲームなどがありますよ。
まあ一貫してないのが難点だけどね。

カウンターショック

皆様のおかげで元気になれます。来てくれてありがとうございます。

買い物

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR