Entries

地獄の掟に明日はない

1966年に公開された降旗康男監督作です。当時は網走番外地が上映されてましたが、不器用な生き方はどの作品でも一緒です。

長崎では山崎(河津清三郎)と権藤(佐藤慶)は競艇場の利権争いで仁義なき戦いを繰り返していた。
小林捻侍は有り金叩いて大儲けした途端刺し殺された不遇の役でした。南田洋子という美人の恋人やれずに死んだ。

滝田(高倉健)は長崎でピカドン(原子力爆弾のあだ名。長崎ではでぶと呼ばれていた)で親を亡くし、現在は原爆症で苦しめられていた。幼馴染の北島(今井健二)は滝田を心配するが聞く耳持たない。

ある日車でひきかけたユキ(十朱幸代)と仲良くなったが、ユキはやくざが嫌い。滝田は持ち前の不器用さから説明できず、ずるずる引きずった。
ユキの弟明(串田和美)は山崎組に八百長を命じたが、競艇が命の明はプライドを天秤にかけ、レースに勝利してしまう。明もまた不器用な男なのだ。姉も同じだが。

山崎組では郡司(三國連太郎)という弁護士がいた。とにかく仕草がきざで、絶対腹に一物を持っているなと観客は疑うが、やっぱり予想通りだった。

健さんは権藤を殺し、郡司を殺し、最後は自分が殺された。ひたすら不器用な健さんが実直なまでに自分の正義を貫き通すのが魅力的である。ただ東映では健さんが似たような作品ばかり出演しているから、当時の健さんはどう思っていたかな?網走番外地に出演していた健さんは輝いていた気がした。この作品もそれなりに面白かった。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kouhoba.blog.fc2.com/tb.php/311-f6fd88b6

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

江保場狂壱(こうほば・くるち)

Author:江保場狂壱(こうほば・くるち)
ようこそいらっしゃいました。
江保場狂壱の面白いと感じたものを紹介しています。
映画や漫画、ゲームなどがありますよ。
まあ一貫してないのが難点だけどね。

カウンターショック

皆様のおかげで元気になれます。来てくれてありがとうございます。

買い物

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR